2018年1月 3日 (水)

現代ギター 【愛器を語る】 第3巻

本屋さんで立ち読みしてきました。

いろいろと勉強になりました。

読み応え十分です。

 愛器を語る・第3巻(No.650)

【掲載ギタリスト(紹介楽器)】足立江美子(水原 洋ラコート・レプリカ)/安藤初代(グレッグ・スモールマン)/池田慎司(アルカンヘル・フェルナンデス)/石原圭一郎(コルヤ・パンヒューゼン)/猪居亜美(マーク・ウシェロヴィチ)/猪居 謙(アントニウス・ミュラー)/岩永善信(ホセ・ルイス・ロマニリョス10 弦)/大坪純平(ペドロ・バルブエナ)/沖 仁(ミゲル・ロドリゲス)/キム・ヨンテ(デイク・トラファーゲン)/小関佳宏(マウリツィオ& ガブリエレ・ロディ)/小林 徹(黒澤澄雄)/斉藤泰士(アントニオ・マリン・モンテロ)/坂場圭介(マヌエル・コントレラスII 世)/ザビエル・ジャラ(ウーゴ・キュヴィリエ)/角 圭司(三浦隆志)/エマヌエーレ・セグレ(ブライアン・コーエン)/竹内太郎(マーシャル(パリ)作5 コース・バロックギター)/多治川純一(アンドレア・タッキ)/田嶌道生(マーティンO-21)/津田昭治(サイモン・アンブリッジ)/富川勝智(19世紀テルツギター)/中根康美(カズオ・サトー)/萩野谷英成(朝倉宏泰)/長谷川郁夫(ヘルマン・ハウザーI 世)/古川忠義(アストリアス(辻 渡S-CW C))/前田 司(ホセ・ラミレス/ センテナリオ) /益田正洋(ホセ・ロマニリョス) /松尾俊介(マイケル・ジー)/松田 弦(カール= ハインツ・レーミッヒ)/松本大樹(ドミニク・ドゥラリュ)/本木盛夫(ヴィクトール・ベディキアン)/柳 真一郎(尾野 薫/ ハウザー・モデル)/渡辺香津美(ヘルマン・ハウザーIII 世)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

ギター初心者のための左手エクササイズ~苦手を克服する24の運指~

……という記事を書きました(↓)

https://www.studiorag.com/blog/fushimiten/guitarist-finger-exercise

どうぞ、ご笑覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

ジョビン作曲の『サビア (Sabiá)』をソロギターで……

……弾いてみました (^_^;)

http://www.jobim.org/jobim/handle/2010/4923

(↑)楽譜はこちらから拾いました。ピアノ譜です。

イントロをギター一本で再現するのは難しかったので(楽曲の雰囲気をうまく表現できません)、カットしました。

ハーモニー(コード進行)は、ほぼ楽譜通りですが、様々な演奏を参考にし変えたところもあります。

右指が故障中のため、思い通りの演奏ができませんでしたが、ご笑覧いただければ幸いです。

 Sabiá AntonioCarlosJobim

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

久石 譲 作曲 「海の見える街」 を ……

……ソロギターで弾いてみました。

アレンジは「CD BOOK ソロギターで弾きたい ココロをゆさぶる名曲たち」に収載されています。

運指等はTAB譜通りに弾いておりません。

編曲の難易度は低い方ではないでしょうか。

ジブリ・ナンバーはソロギターの分野でも人気がありますが、どのくらい楽譜が出版されているのかAmazonで調べてみました。

TAB譜付スコア ジャズ・アレンジで弾くスタジオジブリ/ソロ・ギター・コレクションズ 模範演奏CD付

ソロ・ギターで弾く スタジオジブリ作品集 『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』まで 【CD付】

ギター・ソロ&弾き語り スタジオジブリ名曲選 (ギターソロ&弾き語り)

CD BOOK ギター・ソロ 初心者脱出! 宮崎駿&スタジオジブリ

ソロ・ギターのしらべ スタジオジブリ作品集【増補改訂新版】 風の谷のナウシカから風立ちぬ・かぐや姫の物語まで (CD2枚付)

模範演奏CD付 ギター・ソロ・コレクション/スタジオジブリ

ギター・ソロ アコギで弾くスタジオジブリの名曲あつめました。

タイトルに「ジブリ」と銘打っているものだけでも、これだけありました。

一曲を題材にして、様々なアレンジで弾き比べてみるのも面白いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

ジョビンの「おいしい水」をギターで……

……弾いてみました。

アレンジは数多の演奏を参考にしていますが、国内で出版されている楽譜としては、「ボサ・ノヴァ・ギターのしらべ ギター1本でクールに決める!ボサ・ノヴァ・アレンジ25曲 (CD付き) (Acoustic guitar magazine)」「CD付 はじめてのボサノヴァギター 著者・演奏:中村善郎 誰でも手軽に楽しくひけちゃう!憧れのスタンダード」などを参考にしています。

ご笑覧いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

YouTube に、ソロギターの「コルコバード」を……

……またまた、アップしました。

自分自身の練習のためです。

新しいアレンジを記録するためでもあります。

この曲は女性の歌い手さんに人気があります。

何度かバッキングを務めさせていただいているうちに、なんとなくソロギターのアレンジが固まってきた……という感じです。

もちろん、多くの方々の演奏(ギターだけではありません)を参考にしています。

国内で出版されている楽譜としては、「ボサ・ノヴァ・ギターのしらべ ギター1本でクールに決める!ボサ・ノヴァ・アレンジ25曲 (CD付き) (Acoustic guitar magazine)」「CD付 はじめてのボサノヴァギター 著者・演奏:中村善郎 誰でも手軽に楽しくひけちゃう!憧れのスタンダード」などを参考にしています。

ご笑覧いただければ幸いです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

バーデン・パウエル (Baden Powell) 作曲 『デイシャ (Deixa)』の邦題は?

バーデン・パウエル (Baden Powell) の『デイシャ (Deixa)』を弾いてみたのですが……。

曲名の意味もわからないで弾いております(^_^;)

……というわけで、邦題をネットで探してみました。

真っ先に出てきたのが「離別」

文字を逆転させた「別離」というのもありますね。

Google 翻訳に deixa の原型 deixar を入力すると、英語では leave (この場合、日本語の"離れる"か?)と翻訳されます。

Google 翻訳の日本語訳はけっこうきついです(^_^;)
英語を仲介させると上手くいくような気がします。

「放っておいて」という邦題も見つけました。

原題のニュアンスに近いのはこちらでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

「サマー・サンバ」をソロギターで……

……弾いてみました。

レギュラー・チューニングで、キーはDです。

ワタクシが持っている『CD付 はじめてのボサノヴァギター 著者・演奏:中村善郎 誰でも手軽に楽しくひけちゃう! 憧れのスタンダード』にも楽譜は収載されているのですが (Key=D) 、今回はこちらの譜面をほとんど見ておりません。

(↓)YouTube の中村善郎さんの演奏は参考にさせていただきました。

(↓)こちらがワタクシの演奏 (^_^;)

階段で収録すると、ナチュラルなリバーブ感が醸し出されて、心地よいですね。

相変わらず、リズムの切れがありません。精進します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

『カヴァティーナ (Cavatina)』 を弾いてみたのだが ……

「美しいメロディを際立たせながら、粒を揃えてアルペジオを弾く」……こういったタイプの曲は基本ができていないと弾きこなせませんね。

単旋律の部分もどのように表現すればよいのか?

迷いました。

迷走しています。

クラシックギターの人気曲『カヴァティーナ (Cavatina)』ですが、オリジナルのアレンジをスムーズに弾くのは、けっこう難しそうです。

というわけで、簡単アレンジ(?)を探してみました。

CD BOOK ソロギターで弾きたい ココロをゆさぶる名曲たち」には KEY=G で、「ソロ・ギターで奏でる 永遠の映画音楽/ギター名曲集 [模範演奏CD付]」には KEY=E で収載されています。

またぷりんと楽譜では、江部賢一さん編曲の楽譜を手に入れることができます。

江部さんの解説です。

1978年のアメリカ映画「ディアハンター」のテーマです。 ジョン・ウイリアムスが演奏するキーEの編曲が有名ですが、ここではちょっと易しいキーAにアレンジしてみました。TAB譜付き。

たしかに、ちょっと「易しい」気がします。

そんなこんなで、江部さん編曲の『カヴァティーナ (Cavatina)』(スタンリー・マイヤーズ作曲)を弾いてみました。

あえて、ゴダンのエレガットを使用し、フィッシュマンのエレアコアンプでコーラスとリバーブを効かせています。

オリジナル・アレンジと比較すれば、「易しい」のは確かですが、ワタクシにとってはそれなりに難しかったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

久しぶりに、ヂレルマンド・ヘイス作曲「もしも彼女が尋ねたら」を弾く

DOIS DESTINOS -TOCA DILERMANDO REIS-

(↑)こちらはワタクシの大好きなヴィオロニスタの一人でありますマルコ・ペレイラ (Marco Pereira) さんが昨年リリースしたアルバム。

生誕100周年をむかえた伝説的なギタリスト、ヂレルマンド・ヘイス (Dilermando Reis) の楽曲にスポットをあてたブラジル・ギター・ファンならば必聴の一枚……であります。

そんなわけで、ワタクシも(一年遅れではありますが)、ヂレルマンド・ヘイスの楽曲に取り組んでおります。

「もしも彼女が尋ねたら」(Se Ela Perguntar)

ブラジル系のみならず、多くのクラシックギタリストが弾いています。

ワタクシは、一般的に使われている楽譜通りには弾いておりません。

イントロを勝手に付けてしまいました。

その他、様々なギタリストの演奏を参考にしながら、自分なりのアレンジを加えています。

ご笑覧いただき、厳しいお言葉をいただければ幸いです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧