2018年5月18日 (金)

【備忘録】 録音関連の雑誌


サウンド・デザイナー 2018年5月号(特集:エレキギター録音大事典)


サウンド・デザイナー 2018年6月号(特集:マイク読本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

『中村とうよう 音楽評論家の時代』

とうようさん(面識はなかったが、こう呼ばせていただく)が亡くなってから7年が経とうとしている。

中村とうよう (1932年7月17日 - 2011年7月21日)

とうようさんを知ったのは、音楽雑誌『ニュー・ミュージック・マガジン』(現在の『ミュージック・マガジン』)。

彼の著作を通じて音樂はもちろんのこと、政治や社会、歴史、生き方など、ありとあらゆることを学んだような気がする。

親を除けば、自分の人生に最も影響を与えた人物だったかもしれない。

田中勝則 著『中村とうよう 音楽評論家の時代』はとうようさんの人生を描いた本。

ワタクシが読まずして誰が読む ^^;

とはいうものの……600ページ、厚さが5cmを超える超大作だ。

価格は四千円以上、買うにも勇気がいる (T_T)

そんなこんなで、この本を読み始めたのが一ヶ月前。

読了まで、あと50ページ。

心に留めておきたいとうようさんのインタビュー記事(2006年3月11日 『朝日新聞』夕刊)に出会ったので、ここに記しておく。

 最近、世の中の音樂の聴き方自体が変わってきました。音樂にひたむきに何かを求めるといった聴き方から、みんなが聴いているものを聴く、付和雷同型の聴き方になった。ぼくはこれを「マイナスの共同体」と呼んでます。みんなと違っていると不安で、同じであることが大事。だったらそれが音樂である必要もないじゃないか。音樂がどうしても必要だという聴き方じゃない。音樂に限った話ではありませんが。

 今一番ひかれるのは、寡黙な、どこにあってもいいような音樂、無人格で何も主張しない、「個性」とか「独創性」、「表現」なんていう概念に侵される前の、素直でピュアな音樂。歌で言えばテレサ・テンです。晩年の美空ひばりはその対極で、思い入れやケレンに満ちていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

コスパ最高?のソロギター楽譜

なんと、164曲も収載されて、税込み3,024円です。

一曲あたり、およそ18円あまり!

こんなにコスパの良い楽譜は見たことがありません。


ソロ・ギター・ファン~TAB譜で奏でるソロ・アレンジ名曲集

(↓)詳細は出版社(ドリームミュージックファクトリー)のサイトをご覧ください。

http://shop.d-music.co.jp/1_308.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

現代ギター 【愛器を語る】 第3巻

本屋さんで立ち読みしてきました。

いろいろと勉強になりました。

読み応え十分です。

 愛器を語る・第3巻(No.650)

【掲載ギタリスト(紹介楽器)】足立江美子(水原 洋ラコート・レプリカ)/安藤初代(グレッグ・スモールマン)/池田慎司(アルカンヘル・フェルナンデス)/石原圭一郎(コルヤ・パンヒューゼン)/猪居亜美(マーク・ウシェロヴィチ)/猪居 謙(アントニウス・ミュラー)/岩永善信(ホセ・ルイス・ロマニリョス10 弦)/大坪純平(ペドロ・バルブエナ)/沖 仁(ミゲル・ロドリゲス)/キム・ヨンテ(デイク・トラファーゲン)/小関佳宏(マウリツィオ& ガブリエレ・ロディ)/小林 徹(黒澤澄雄)/斉藤泰士(アントニオ・マリン・モンテロ)/坂場圭介(マヌエル・コントレラスII 世)/ザビエル・ジャラ(ウーゴ・キュヴィリエ)/角 圭司(三浦隆志)/エマヌエーレ・セグレ(ブライアン・コーエン)/竹内太郎(マーシャル(パリ)作5 コース・バロックギター)/多治川純一(アンドレア・タッキ)/田嶌道生(マーティンO-21)/津田昭治(サイモン・アンブリッジ)/富川勝智(19世紀テルツギター)/中根康美(カズオ・サトー)/萩野谷英成(朝倉宏泰)/長谷川郁夫(ヘルマン・ハウザーI 世)/古川忠義(アストリアス(辻 渡S-CW C))/前田 司(ホセ・ラミレス/ センテナリオ) /益田正洋(ホセ・ロマニリョス) /松尾俊介(マイケル・ジー)/松田 弦(カール= ハインツ・レーミッヒ)/松本大樹(ドミニク・ドゥラリュ)/本木盛夫(ヴィクトール・ベディキアン)/柳 真一郎(尾野 薫/ ハウザー・モデル)/渡辺香津美(ヘルマン・ハウザーIII 世)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

『自分にぴったりのピックが見つかる本』を……

……購入しました。


自分にぴったりのピックが見つかる本 (形、厚さ、素材が違う、お試し10枚付き) (ギター・マガジン)

形、厚さ、素材が違うピックが10枚付いています。

これがいいですね \(^o^)/

いろいろと試してみましたが……。

ワタクシの場合はメタカーボネートの1.0mmが気に入りました。

楽天市場でチェックしてみると……。

メタカーボネートのピックはあまり製品化されていないようですが……。

ピックボーイから発売されていました。


PICK BOY GP-422-5 META CARBONATE×10枚 ギターピック メタカーボネイト1.00mm 10枚セット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

ギタリストのための音楽理論書

書店で見つけました。

しっかりと理論と実践を身に付けたい方におすすめです。

 ギター音楽理論 ~ベーシックセオリー編~

 ギター音楽理論 ~コードワーク編~

 ギター音楽理論 ~ソロメイキング編~

著者は矢萩秀明さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

「ギターと人体」

ワタクシには縁遠かった音楽雑誌『YOUNG GUITAR (ヤング・ギター)』最新号の特集が「ギターと人体」。

本屋さんで立ち読みしてまいりました(^_^;)

……必読ですね!

カラダのあちこちが傷んできた還暦ギタリストは……。

【contents】

ギターと人体〜The Guitar & Human Organism〜

ギタリストの身体について真面目に考察する画期的企画!
★インタビュー:プロに訊く「ギタリストに健康は必要なのか!?」 feat. ジョージ・リンチ、ジョン・ペトルーシ、ザック・ワイルド、SYU、リック・グラハム
★ギター・プレイと肉体 feat. SHINPEI / BREAKERZ
★スペシャルDLC映像連動:ギター筋養成講座“マッチョ・ギター" feat. Joe-G / 兀突骨
★ギターに効く!! オススメ鍛錬器具&サプリメント
★スペシャルDLC映像連動:「ヤング・ギター体操 第1・第2」 feat. 山吹りょう / エルフリーデ
★ギタリストのための身体操作マニュアル
★知っておきたいギタリストの“故障"と“対処法"
★素人おっさんギタリスト脱力
★ギター・トレーニング
★アーティストの身体ケア調査報告
★人体の限界に挑戦する特選ギター・スコア集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

『カヴァティーナ (Cavatina)』 を弾いてみたのだが …… (追記)

演奏・アレンジ 平倉信行 『アコースティック・ギター・プレイ すぐ弾ける 映画音楽ギター・ソロ 〈模範演奏CD付〉』にも『カヴァティーナ (Cavatina)』の楽譜が収載されています。

こちらのキーはD、6弦をDにドロップしてチューニングします(Drop D Tuning)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

JAZZ LIFE 2017年 08 月号 …… アントニオ・カルロス・ジョビン生誕90周年

今年はアントニオ・カルロス・ジョビン (1927年1月25日 - 1994年12月8日) の生誕90周年!

そんなわけで、雑誌「ジャズライフ」の最新号はジョビン特集ですねヽ(^。^)ノ

 ■特集2:アントニオ・カルロス・ジョビン生誕90周年

 “ジョビンとジャズとボサ・ノヴァと”
 アントニオ・カルロス・ジョビンの肖像
 ジャズとボサ・ノヴァ/ジョビンの音楽を愛したジャズメン

ちなみに……【特集1】は……「ジャズ100年~モダン・ジャズ再入門 テナーの名勝負」。

ジョン・コルトレーン vs.ハンク・モブレー
「いつか王子様が」研究

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

地球の熱々ブルース・スポットをぐるり!

ギターという楽器の根本の一つに……ブルースがあると思う。

そんな観点から読んでみたい本……。

世界のブルース横丁 シカゴ、メンフィス、ニューオリンズ、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、日本……地球の熱々ブルース・スポットをぐるり! (Guitar Magazine) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧