2017年7月23日 (日)

JAZZ LIFE 2017年 08 月号 …… アントニオ・カルロス・ジョビン生誕90周年

今年はアントニオ・カルロス・ジョビン (1927年1月25日 - 1994年12月8日) の生誕90周年!

そんなわけで、雑誌「ジャズライフ」の最新号はジョビン特集ですねヽ(^。^)ノ

 ■特集2:アントニオ・カルロス・ジョビン生誕90周年

 “ジョビンとジャズとボサ・ノヴァと”
 アントニオ・カルロス・ジョビンの肖像
 ジャズとボサ・ノヴァ/ジョビンの音楽を愛したジャズメン

ちなみに……【特集1】は……「ジャズ100年~モダン・ジャズ再入門 テナーの名勝負」。

ジョン・コルトレーン vs.ハンク・モブレー
「いつか王子様が」研究

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

地球の熱々ブルース・スポットをぐるり!

ギターという楽器の根本の一つに……ブルースがあると思う。

そんな観点から読んでみたい本……。

世界のブルース横丁 シカゴ、メンフィス、ニューオリンズ、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、日本……地球の熱々ブルース・スポットをぐるり! (Guitar Magazine) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

ヤマンドゥが表紙の……

…… 現代ギター 2017年 05 月号 を購入しました。

『現代ギター』はクラシックギターの専門誌ですから、ヤマンドゥに書店で遭遇(?)したときは、驚きましたね (^_^;)

ヤマンドゥ……やせました!?

 ヤマンドゥ・コスタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

ジャンゴ・ラインハルトの本を……

……近所の書店で立ち読みしてきました(^^ゞ

けっして買いません(^^ゞ

誘惑には負けません(^^ゞ

不世出の天才ジプシー・スウィング・ギタリスト ジャンゴ・ラインハルト(DVD 付) (シンコー・ミュージックMOOK)

◎Episode 1 The Story~ジャンゴ・ラインハルト物語~
◎Episode 2 Instruments~ジプシー・スウィングそのものを象徴するギター~
◎Episode 3 Discography~97枚のコンピレーションCDを一挙紹介~
◎Episode 4 Playing Analysis~十八番フレーズや独特のアプローチ法を徹底分析~
◎Episode 5 Homage To Django Reinhardt~絢爛豪華なミュージシャンが捧げるアルバム作品~
◎Episode 6 Complete Recording Data~全録音データ~
◎ギター・スコア
・Rose Room
・Tea For Two
・Honeysuckle Rose
・My Sweet
・Nuages
・Les Yeux Noirs
・Swing 42
・Swing 41
・Brazil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

ちょっと気になる楽譜、教則本

ソロ・ギターのしらべ 感涙のバラード篇

世界の名ギタリスト ジョー・パス ジャズ・ギター・ソロ

 ベスト・オブ・ウェス・モンゴメリー ギター・ソロ

ギター上達のための全知識 (全知識シリーズ)

ブルース・ギター入門 3種ブルースのフルコース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

最近、テレキャスターが気になっているのですが……

……『フェンダー解体新書 バラして納得! 量産型エレキ・ギターの構造と美学 』(ギター・マガジン) ……というムックが発売されました。

テレキャスターからジャグ・スタングまで文字通りのバラバラ解体写真を計29本収録!

フェンダーのエレキ・ギターが最も画期的だったのは、ボディとネックをたった4本のボルトで組み上げ、量産化に成功した点でしょう。

各パーツの組み込みも、基本的に長短・大小のネジを使っているだけ。

この男心をくすぐるプラモデル感覚こそが、フェンダーの醍醐味かもしれません。

逆を言えばドライバーさえあれば、そのギターが生まれる前の姿に出会えるかもしれない。

そんな出来心から生まれた本書では、テレキャスターやストラトキャスターといった歴史的モデルから、定番のジャズマスターやムスタング、さらにはスインガーやブロンコといった初心者向けモデルまで、20種類以上のフェンダー・ギターをネジ1本単位まで分解。

各モデルの構造や使用パーツを分析するとともに、そこに込められたギター製作の美学に迫ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

歌は世につれ 世は歌につれ 恋する歌謡曲。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 4月号 (CD付) は……

輝かしき歌謡界が残した名曲たちと、

人知れず活躍したギタリストたちのドラマ。

空前絶後の104ページ総力特集。

これは面白いですよ。

歌謡曲とギタリストにまつわるエピソードが満載。

読むしかないでしょう(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

ギタリストのためのジャム・セッション・レパートリー曲集

購入いたしました\(^o^)/

宮脇俊郎 著『ギタリストのためのジャム・セッション・レパートリー曲集 (ジャム・セッションが体験できるCD付) (Guitar Magazine)』でございます。

ワタクシの場合はジャムセッションのため……ではなく……ソロギターの編曲のためなのですが……。

もちろん、アドリブやバッキングの練習に役立ちそうです。

【収録曲】
1.ウォーターメロン・マン
2.チキン
3.レッド・バロン
4.スクアッドライヴ
5.フランケンシュタイン
6.カンタロープ・アイランド
7.アクチュアル・プルーフ
8.アファーメイション
9.スペイン
10.ウェイブ
11.イズント・シー・ラヴリー
12.愛するデューク
13.フィール・ライク・メイキン・ラヴ
14.ホワッツ・ゴーイング・オン
15.セプテンバー
16.スタンド・バイ・ミー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

ハーモナイズド・ベースラインを練習中!

恥ずかしながら……「ハーモナイズド・ベースライン」というジャズギターの用語を最近知りました(^_^;)

いや、もちろん、どんな奏法か?……ということは知っていたのですが……。

ベースのように一拍ずつラインを出しつつ、 ハーモナイズされたコードでリズムを刻むやり方ですね。

(↑)ジャズギタリスト、菅野義孝さんの演奏です。

素晴らしいですね! Bravo!!

これを演りたいのです。

思い立ったが吉日。

早速、菅野義孝さんの著作『目からウロコのジャズ・ギター[黄金コード進行編](DVD付) (jazz guitar book Presents) 』を購入し、練習を始めたのであります。

この奏法が身につくのは、いつの日でありましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

水野式 アドリブに役立つ 曲のコード・スケール・アナライズ

去年の末に購入した本であります。

本書から基本的なスケールの使い方を抜き書き(↓)

1. スケールをオクターヴ以上で上行下行展開する。

2. tempo=90 なら16分音符の速度

3. 始める音をドだけにせず、いろんな音を出発点(音)にして上行下行してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧