« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月27日 (金)

コルグの新しいクリップ・チューナー …… Pitchclip 2

先日、GRIPTUNE を買ったばかりなのですが……コルグから新しいクリップ・チューナーが発売されているようです。

とはいうものの、その型番からわかるように Pitchclip のリニューアル版です。

ワタクシもかつて使っておりました。

シンプルで使いやすかったですね。

Pitchclip 2 は、コンパクトなボディとシンプルな操作で、使いやすさを追求したクリップ・チューナーです。ヘッドに取り付け、スイッチをオン。あとは弦を弾くだけで、音程のずれを正確に表示します。

チューナーとしての高い精度や見やすさはもちろんのこと、ホールド力を強化したクリップやレフティにも配慮したディスプレイのリバース機能など、プレイヤーの目線に立って考えました。

ギター・ケースのポケットに入れて、どこへでも連れて行きたくなるチューナーです。

……とのこと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

「現代ギター」の7月号を購入する

20180718_192818 ←「巨匠 D.ラッセルの基礎テクニック講座」

20180718_191926 ←「ミドルエイジのためのギター上達講座」

ほとんど毎号、本屋さんで立ち読み……。

買わずに済ませている(たまに買っていましたが…)「現代ギター」の7月号を購入しました。

読んでいて気になった記事、"目から鱗"な記事があったからです。

まずは、「巨匠 D.ラッセルの基礎テクニック講座 第4回 アルペジョ」

プランティング(セット)の方法、そしてラッセルが薦めるアルペジョの練習法がわかりやすく解説されています。

そして、「ミドルエイジのためのギター上達講座」です。

今号は第2回のようです。

テーマはスケール(音階)。

ここでは、【i-m】を使った速弾きに必要な技術を解説していますが、このイラストが衝撃でした(これまで、こんなこと考えたこともありません!)

必見です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

「カワイ表参道」へ行く

今月5日、音楽家専門外来のドクターに診察していだくため、ギターを担いで「カワイ表参道」の音楽スタジオに……。

演奏時に右指がどのような症状になるのかを診ていただきました。

やはり、【人差し指の巻き込み】現象がはなはだしく、また【人差し指が中指に寄る】という状態にあるということでした。

診察後、"リハビリ"の仕方を指導していただきました。

・人差し指が巻き込まないような【指の姿勢】をつくる

・右指を弦にセットし、人差し指等を滑らせる(【音を出す直前の動作】)

・メトロノームを使用し、【極めてゆっくり(指が誤作動しないテンポで)30分程度弾く】

この三つがリハビリのポイントです。

その後、東京女子医大病院へ。

薬を処方していただきました。

ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆粒

体質改善が目的です。

早ければ一か月ほどで指の症状が良くなるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

「KORG GRIPTUNE」を購入する

ギターなどの弦楽器のヘッドを挟み込んで使うチューナーは、これまで数種類使ってきましたが、先日、コルグの GRIPTUNE を購入しました。

Img_1418_2

特徴は、とにかく小さいこと(重さが13g)と操作がシンプル(スウィッチ類は電源のみ)なこと。

ピッチは A4=440Hz で変えられませんが、それを理解して使用する分には問題ないでしょう。

ヘッドへの取り付けがクランプ式ということでクリップ式よりは若干手間取るかもしれませんが、慣れてしまえば、これも問題ないでしょう。

精度も問題ないと思います。

そして……価格が千円ほど、というのがうれしいですね\(^o^)/

Img_1419_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

「バッハのメヌエット」をテナーギターで弾く!

「バッハのメヌエット」として知られている……ホントはクリスティアン・ペツォールトという人が作曲したらしい……あの曲をヴィオロン・テノール(テナー・ギター)で弾いてみました。

ストレートに主旋律だけ弾いても、「なんだかな~」なので、ちょっぴりアレンジしてみたのですが……やっぱり、「なんだかな~」かもしれません (-_-;)

Guitar Pro 7 で楽譜(TAB譜付き)を作成してみました(↓)

「minuet_for_tenor_guitar.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »