« ヂ・ジョルジオのギターが2本…… | トップページ | 『中村とうよう 音楽評論家の時代』 »

2018年4月27日 (金)

ジム・ホールがカバーしたサンバ

CDの整理をした。

数年間、プレーヤーのトレイに一度も乗らなかったディスクを売るためだ。

とは言うものの……。

「ホントに惜しくないのか?」

念のため、一枚一枚、聴いてみる。

……30分ほど経過しただろうか。

ジム・ホールの アルバム『All Across The City』の一曲目がいい!

タイトルは『Beija Flor(ベイジャ・フロール)』、Nelson Cavaquinho(ネルソン・カヴァキーニョ)の曲だった。

ジム・ホールがサンバをカバーしていたとは……。

迂闊にもほどがある。

……というわけで、この曲にハマッている今日この頃である。

|

« ヂ・ジョルジオのギターが2本…… | トップページ | 『中村とうよう 音楽評論家の時代』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジム・ホールがカバーしたサンバ:

« ヂ・ジョルジオのギターが2本…… | トップページ | 『中村とうよう 音楽評論家の時代』 »