« ギターと人体 | トップページ | いまさらながら……弦交換をYouTubeで学ぶ (^_^;) »

2018年3月13日 (火)

老年科……ではなく……神経内科で診てもらう

20180312_110819

昨日、地元の大学病院へ……。

診てくださった教授は素晴らしいドクターでした。

患者の話をじっくりと聞いてくれますし、様々な方法で仔細に診察してくださいましたので、ワタクシは一安心 …… って、手の症状はまったく改善しておりませんが (^_^;)

湿布の貼り方などのアドバイスもいただき、さっそく実践しています。

次回は筋電図という馴染みのない検査を受けます。

ググってみると……「筋肉の運動障害、痩せ、脱力、痛みなどの原因が、筋肉や神経によるものなのか、またその障害部位や障害の程度などを調べるための検査」……とのこと。

この検査で右手の不具合の原因が判明することを祈っています。

|

« ギターと人体 | トップページ | いまさらながら……弦交換をYouTubeで学ぶ (^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老年科……ではなく……神経内科で診てもらう:

« ギターと人体 | トップページ | いまさらながら……弦交換をYouTubeで学ぶ (^_^;) »