« 久しぶりに、ヂレルマンド・ヘイス作曲「もしも彼女が尋ねたら」を弾く | トップページ | 『カヴァティーナ (Cavatina)』 を弾いてみたのだが …… (追記) »

2017年8月16日 (水)

『カヴァティーナ (Cavatina)』 を弾いてみたのだが ……

「美しいメロディを際立たせながら、粒を揃えてアルペジオを弾く」……こういったタイプの曲は基本ができていないと弾きこなせませんね。

単旋律の部分もどのように表現すればよいのか?

迷いました。

迷走しています。

クラシックギターの人気曲『カヴァティーナ (Cavatina)』ですが、オリジナルのアレンジをスムーズに弾くのは、けっこう難しそうです。

というわけで、簡単アレンジ(?)を探してみました。

CD BOOK ソロギターで弾きたい ココロをゆさぶる名曲たち」には KEY=G で、「ソロ・ギターで奏でる 永遠の映画音楽/ギター名曲集 [模範演奏CD付]」には KEY=E で収載されています。

またぷりんと楽譜では、江部賢一さん編曲の楽譜を手に入れることができます。

江部さんの解説です。

1978年のアメリカ映画「ディアハンター」のテーマです。 ジョン・ウイリアムスが演奏するキーEの編曲が有名ですが、ここではちょっと易しいキーAにアレンジしてみました。TAB譜付き。

たしかに、ちょっと「易しい」気がします。

そんなこんなで、江部さん編曲の『カヴァティーナ (Cavatina)』(スタンリー・マイヤーズ作曲)を弾いてみました。

あえて、ゴダンのエレガットを使用し、フィッシュマンのエレアコアンプでコーラスとリバーブを効かせています。

オリジナル・アレンジと比較すれば、「易しい」のは確かですが、ワタクシにとってはそれなりに難しかったかもしれません。

|

« 久しぶりに、ヂレルマンド・ヘイス作曲「もしも彼女が尋ねたら」を弾く | トップページ | 『カヴァティーナ (Cavatina)』 を弾いてみたのだが …… (追記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『カヴァティーナ (Cavatina)』 を弾いてみたのだが ……:

« 久しぶりに、ヂレルマンド・ヘイス作曲「もしも彼女が尋ねたら」を弾く | トップページ | 『カヴァティーナ (Cavatina)』 を弾いてみたのだが …… (追記) »