« " O Amor Em Paz (Once I Loved) " をフルアコで…… | トップページ | アコギで『虹の彼方に(Over the Rainbow)』を…… »

2016年2月 7日 (日)

『ショーロはこうして誕生した』

ショーロ好きなら、読まずばなるまい!

そんな本です。

「ショーロってなに!?」

そんな方は読んではいけません(^_^;)

……数行読んだだけで、本書を放り投げてしまうに違いありませんから。

口述筆記の原書は1936年にリオで出版された。
四十年にわたる音楽活動の「覚書」といえる。
登場する仲間たちの活動範囲はセントラル駅を中心とした半径2キロ。
百年前の旧市街地に暮らす彼らの横顔やダンスパーティの様子が活写される。
本書では王制末期から共和制樹立を経て「ラジオの時代」の始まりまでが詳細に語られる。


ショーロはこうして誕生した: 忘れられたリオのショローンたち

|

« " O Amor Em Paz (Once I Loved) " をフルアコで…… | トップページ | アコギで『虹の彼方に(Over the Rainbow)』を…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ショーロはこうして誕生した』:

« " O Amor Em Paz (Once I Loved) " をフルアコで…… | トップページ | アコギで『虹の彼方に(Over the Rainbow)』を…… »