« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月24日 (木)

26日(土)は……北上「ニコッと」で……ボサノバライブ

【musicBAR nicotto】

9月26日(sat) OPEN 19:00 ライブSTART 19:30
◆一般¥4,000 小・中学生¥1,000 高校生¥1,500
※ドリンクフリー&地産地消バルビュッフェ付き
◆お問合せ TEL 0197-72-5102

◆ボーカル 宇津志博恵/ギター 千葉幸成

http://nicotto.spat-k.com/news.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

20日(日)は盛岡市民文化ホールの小ホールで……

……演奏会があります(↓)

9/20の秋のアンサンブル会のプログラム発表

ワタクシはフルートとギターのデュオで……

◆エル・チョクロ(アンヘル・ビジョルド作曲)
◆カリニョーゾ(ピシンギーニャ作曲)
◆組曲 ブラジリアン・ミュージック~魂のリズム~(セルソ・マシャド作曲)

……を演奏します(^^ゞ

入場無料(出入り自由)のコンサートです。

どうぞ、お越しくださいませm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

いつから、"ジョン・マクラフリン"になったのか?

高校生のときに好きだったギタリストにジョン・マクラグリンがいる。

"マクラフリン"ではなく、"マクラグリン"…… (^^ゞ

いつの頃からか、John McLaughlin は、ジョン・マクラグリンではなく、ジョン・マクラフリンになったが、40年ほど前は確かにマクラグリンだった。

英語の綴りを冷静に眺めれば、「グ」とは読めんな!

何故、"マクラグリン"だったのか???

ウィキペディアによれば……「英発音はマクローリンが近い」……らしい。

閑話休題。

近所の本屋さんに行ったら『ジャズ・ギター・レジェンズ Vol.6 ジョン・マクラフリン (シンコー・ミュージックMOOK)』が目に留まった。

キャッチコピーは……ロック的手法の導入によりジャズ・ギターに大革命をもたらした象徴……。

個人的にはカルロス・サンタナとの共演盤『魂の兄弟たち』が印象深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

6弦ギターのバイシャリーア

バイシャリーアといえば……7弦ギターなのですが……悲しいかな、ワタクシは6弦しか弾けません (7弦は挫折しました)

"choro"をキーワードにググっていたら、6弦ギターのバイシャリーアに関する雑誌記事を見つけました(↓)

http://alessandropenezzi.com/wp/wp-content/uploads/2013/06/baixarias-6cordas.pdf#search='choro+pdf+violao'

執筆者は……凄腕ヴィオロニスタ、Alessandro Penezzi

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

またまた、買ってしまいました(^^ゞ

弾き語り&ソロで楽しむ! 憧れのボサノヴァ・ギター名曲選 【参考演奏CD付】……で、ございます。

アレンジは江部 賢一さんです。

すでに持っている楽譜と同じものが多数あるなぁ~~~と思いながらも、プチッとしてしまいました(^^ゞ

ワタクシ……アホ……ですヽ(^。^)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

バイオリンの謎---迷宮への誘い

N響のコンマス、篠崎史紀さんのコメントが帯に記されています。

「非常に面白くて、一気に読んでしまいました。まるでタイムマシーンで旅をしたような気分になり、自分のなかの知識と想像がさらに膨らみました。素敵な本です。」

まさにその通りですね。数時間で読み終えてしまいました。

もっとも、ワタクシと篠崎さんの知識量と想像力には相当の隔たりがありますが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »