« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月26日 (火)

ローリンド・アルメイダ作曲『物悲しいショーロ』を弾く

曲名の『物悲しいショーロ』は、ワタクシが勝手に訳した邦題であります(^^ゞ

原題は『Choro Melancolico(ショーロ・メランコリコ)』……。

Laurindo Almeida(ローリンド・アルメイダ)は、言わずと知れたブラジル出身の世界的に活躍したギタリストで、作曲家・編曲家でもあります。

しかし……この曲は、あまり注目されることがなかったようです。

作曲家自身の演奏は聴いたことがありませんし、YouTubeを検索してもヒットするのは数件のみ。

プロフェッショナルな演奏家にとってはやや地味なナンバー……ということなのでしょうか?

楽譜はMel Bay Presents The Complete Laurindo Almeida Anthology of Guitar Solos (Brazilliance Music Pub)に載っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

ヴィオロン・テノール(テナー・ギター)でウクレレの曲を……

……弾いてみました。

キヨシ小林さん作曲の『チケットを2枚ください』というナンバーです。

移調しています。

この曲はアルバム『パシフィック・スウィング 』に収録されています。

楽譜は『ウクレレメソッド 各指のための効果的トレーニングブック (TAB譜付スコア・模範演奏CD付) キヨシ小林 著 演奏表現力がアップする究極の上達本 』に載っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

シェイカーのメトロノームが欲しい!

(↑)正確には……シェイカーの音が出るメトロノーム(リズムマシン)が欲しい!……であります。

現在使用しているのは、【BOSS】 Dr. Beat DB-30【BOSS】 Dr. Beat DB-90

音源を入手して、自分で作ればよいのですが(PCで)、面倒ですね(笑)

操作がシンプルで、すぐに音が出せるモノが欲しいのです(リズムボックスのように)。

そんなこんなで、ネットで検索していたところ、ちょっと気になる新製品、【KORG】 KR mini が発売されていました(↓)

シェイカーの音は?ですが、物欲をそそられます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

ヂレルマンド・ヘイスの『ノイチ・ヂ・ルア(月の夜)』を弾く

ヂレルマンド・ヘイス (Dilermando Reis) 作曲 『ノイチ・ヂ・ルア (Noite de Lua) 』をYouTubeにアップしました。

曲名を直訳すると……『月の夜』……でしょうか?

ヴァルサ (Valsa)……ポルトガル語で「ワルツ」のこと……は難しいですね。

ワルツならではのノリがうまく表現できません。

ワタクシ、大好きなのでありますが……(^_^;)

←ハファエル・ハベーロが弾く『ノイチ・ヂ・ルア』は聴くべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

このアルバムを聴いてね-その14-

バッハ好き、必聴!

撥弦楽器(はつげんがっき)好き、必聴!

否、すべての音楽ファンに聴いていただきたいアルバムです。

Teramae_bach

【CD】寺前浩之〈テナーギターで聴くバッハ無伴奏チェロ組曲〉

バンドリン奏者の寺前氏が、バッハの無伴奏チェロ組曲をテナーギターで軽やかに、そして清々しく奏でた作品です。

寺前氏のホームページ、ブログはこちら(↓)

http://brazilian.guitarfreak.net/

http://blog.goo.ne.jp/treme-treme

唯一残念なのは……大手のミュージックストアで扱っていないこと……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

フットボール選手で、ショーロ・ミュージシャンの……

アルマンド・ネーヴェス (Armando Neves 1902-1974) の代表的な作品(たぶん)、『ショーロ 第2番』をYouTubeにアップしました(ワタクシの演奏です)。

楽譜はこちら(↓)

http://www.angelfire.com/sk/syukhtun/neves_choro_2.pdf

アルマンヂーニョ(アルマンドの愛称)はサンパウロの名門チーム、コリンチャンスのセンターフォワードとして活躍し、後に作曲家・ギター演奏家としてサンパウロで活動しました(音楽家としては、さほど有名にはならなかったらしい)。

彼のナンバーは、ギターの第6弦をDにドロップするものが殆どのようです(全部かもしれません)。

作品の数々は、パオラ・ピシェルスキー (Paola Picherzky) によって録音されています(↓)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

ルイス・ボンファ作曲『サンボレロ』の楽譜

TAB譜だけですが……。

Luiz Bonfa(ルイス・ボンファ)作曲『Sambolero(サンボレロ)』の楽譜を見つけました(↓)

http://www.classtab.org/bonfa_sambolero.txt

編曲は……Carlos Barbosa-Lima(カルロス・バルボサ=リマ)。

動画はこちら(↓)

Sambolero / Luiz Bonfa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »