« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月27日 (日)

ガロート(Garoto)の『ジェンチ・ウミウヂ(Gente Humilde)』を弾く

【Gente Humilde】は英訳すると【Humble People】なのですが、邦訳が難しい……。

Humilde(=Humble)は「謙虚な」という意味ですから、『謙虚な人々』となるのですが……曲のタイトルとしては、何かしっくりきませんね?

坂尾英矩さんが著した『ボサ・ノーヴァ詩大全』では、『素朴な人々』と訳されています。

坂尾さんによると、この曲はガロートが1950年頃リオの街外れを訪れた際、強い印象を受けて『素朴な人々』というタイトルを付け作曲したもの。

その後、1970年にアンジェラ・マリアのレコードで歌われヒット。

歌詞はヴィニシウス・ヂ・モライスとシコ・ヴァルキの共作ということになっていますが、実際はほとんどヴィニシウス・ヂ・モライスが作ったらしい。

ヴィニシウス・ヂ・モライスに作詞を依頼したのは、バーデン・パウエルだったそうです。

さて、ワタクシたちが耳にする『Gente Humilde』ですが、歌詞が付いたせいでしょうか、サビのメロディがガロートのオリジナルと違うようです。

ちなみに……ワタクシの演奏は、歌がないので、かなり出鱈目…… (^_^;)

イントロはガロートのオリジナルの雰囲気で弾いています。

『Happy Birthday to You』にちょっぴり似ていると感じるのは、ワタクシだけでしょうか?

テーマはパウロ・ベリナチ(Paulo Bellinati)のアルバム『Guitar Works of Garoto』に収録されているアレンジ(楽譜集が出版されています)を基に弾き、後半はオリジナル・アレンジでボサノバ風に演奏してみました。

邦題の話に戻ります。

ネットで調べてみると……、『貧しい人々』と訳している方がいらっしゃいました。

どうなんでしょうか? 語感があまり好きではありませんね。

続いて、YouTubeを見てみました。

『つましき人ら』という日本語タイトルを発見!

文語調(?)でいい感じです。

Gente!(みなさん!)

【Gente Humilde】の邦題は何が良いと思いますか?

コメントをお寄せください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

7弦ギターの楽譜

久しぶりにショーロの楽譜を発見すべくネットサーフィン(死語 !?)しました (^_^;)

……と……こんなサイト(↓)に遭遇…… \(^o^)/

Partituras para Violão 7 Cordas

タイトル通り、7弦ギターのための楽譜が満載のサイト(ブログ)でございます。

ソロ用ではありません。アンサンブル用です。

エルネスト・ナザレーやピシンギーニャ、ジャコー・ド・バンドリンなどのショーロに加えて、カルトーラやノエル・ホーザなどのサンバも掲載されています。

楽譜には、メロディとコードネーム、7弦ギターのフレーズが記されています。

ちなみに……ワタクシは7弦ギターを持っていません……残念!(by ギター侍) (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

ローリンド・アルメイダの『オルガのためのショーロ』を弾く

Laurindo Almeida(ローリンド・アルメイダ)作曲『Choro para Olga(オルガのためのショーロ)』をYouTubeにアップしました。

GSPが出版している楽譜(Laurindo Almeida 楽曲集)を基に、Raphael Rabello(ハファエル・ハベーロ)の演奏(アルバム【Cry My Guitar】に収録)を参考にしながら弾いてみました。

チューニングは6弦をDにドロップします。

楽譜集は大手のクラシックギター専門店で入手できると思います。

録音しているギタリストがあまりいないのですが、個人的にはとても魅力的な佳曲だと思います。

いかがでしょうか?

ご笑覧いただければ幸いです<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

盛岡で…すばらしきブラジル音楽のライブ…を!

【ショーロ・サンバ・ボサノバ すばらしきブラジル音楽のライブ】

布上智子&Açaí  com banana
 ・布上智子(ヴォーカル)
 ・
寺前浩之(バンドリン)
 ・斎藤彰子(クラリネット)
 ・
高田奏久(7弦ギター/カヴァキーニョ)
 ・西村誠(パンディロ/パーカッション)

10月16日(水) OPEN 18:00 START 19:00
◆ミュージックチャージ \2,800(ドリンク代別途)
Bar Cafe the S(盛岡市菜園2-7-30 スガトウビル 1F)
◆TEL 019-625-2440

ブラジルは広大な国土に様々な民族が混在する国。

そこではヨーロッパ、アフリカ、インディオなどの伝統音楽が融合し多種多様な音楽世界が形成されました。

最近では日本でもお洒落なカフェやテレビ番組のBGMで使われ、ブラジル音楽を耳にしない日はないくらい一般的になりましたが、それがブラジルの音楽だということは意外に知られていません。

私たちはサンバやボサノヴァの源流ともなったブラジル最初のポピュラー音楽ショーロを中心に心踊る軽快で美しい音楽をたっぷりお届けします。もちろんサンバもボサノヴァも!

http://livecafe385.com/thes/?p=790 (←ライブ会場のHP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

今月12日(土)は、盛岡市民文化ホール・小ホールで……

……ギターを弾きます(ソロギター、ギター&フルート・デュオ)。

【秋のアンサンブルコンサート --- シンフォニエッタ盛岡 with フレンズ ---
◆10月12日(土) 開場13:00 開演13:30
◆盛岡市民文化会館・小ホール
◆入場無料
2013_ensemble

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

Godin(ゴダン)のペグを替えた (^_^;)

ゴダンのエレガット【Godin Grand Concert Duet Ambiance】のペグを交換しました。

購入時からペグには不満があり(とにかく使いにくいのです)、わが国が誇る(?)GOTOH(ゴトー)のペグにしたかったのですが、なかなか機会がありませんでした。

P10101011ワタクシをイライラさせたペグ

作業するのが面倒ですし、自信もありません。

だいぶ前にフルアコのペグ交換をやったことはあるのですが……。

でも、先週末のライブ終了後、自分で交換することにしました。

もう我慢の限界です (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

てなわけで、まずはクラシックギターのペグ交換について、ネットでチェック!

こちら(↓)のサイトが参考になりました。ありがとうございます <(_ _)>

http://guitar-mugen.com/hgiya.html

ギヤは軸間が35mmと、標準サイズでしたので、GOTOHでOKです。

木ネジの位置は微妙に異なるような気もしますが(正確に長さを図る道具を持っていません)。まあ、何とかなるでしょう。いや、なればいいのですが……ちょっぴり不安です。

GOTOHは普及品から高級品まで豊富なラインアップを誇っています。さて、どれにしましょうか?

http://g-jax.jp/

(↑)GOTOH製ギターパーツを専門に扱っている通販専門店です。

クラシックギターのペグだけでも数が多すぎて、頭痛がします(笑)

「初めてのご利用ですか?」に記された「納期は基本的に2週間以上掛かるとお考えください。」の文言にビビり、問い合わせもしないで、他店で在庫品を購入することにしました。

困ったときの<楽天市場>です。

<GOTOH><クラシックギター><ペグ>で検索!

数種類、出てきました。

さらに、<送料無料><在庫あり>を条件に加え、注文したのがこちら(↓)です。

商品が本日、届きました (^_^)/

P10101001

早速、ペグ交換!

P10101041

作業はスムーズに進みました。

不安材料の「木ネジの位置」でしたが、まったく同じでした。

ですが、木ネジのサイズは若干異なるような気がしましたので、GOTOHのものではなく、以前のペグのものを使いました。

さすが、世界のGOTOHです(笑)

チューニングが実に快適です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »