« 本日 --- ソロギターライブ 【ギター DE ブラジル】 --- 開催 | トップページ | ジョビンの『Wave』を…… »

2013年1月26日 (土)

あしたのために-その5-

1

村上春樹さんの作品、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 』にこんな一節がある。

「他人から教えられたことはそこで終わってしまうが、自分の手で学びとったものは君の身につく。そして君を助ける」

そうだと思う。

多少は回り道になるかもしれないが、自分自身で考え、学び、そして得たものは必ず身に付くのである。

これは、楽器の演奏技術を学ぶ際にも、言えることだ。

さてさて……。

三十年以上前に購入したと記憶しているが……本には一切、発行年月日等が記されていない……渡辺香津美さんが監修した『ジャズ ギター コード ワーク』(リットーミュージック)という教則本がある。

2

4声のヴォイシングの作り方や、基本的なコード・パターンにおける応用の仕方などが学べる本だ。

解説はほとんどないのだが、ジャズ・ギターのハーモニーを考える際に数多くのヒントを与えてくれたと思う。

この教則本を使って、試行錯誤しながら、様々なトレーニングを行ったものだが、この時代に身に付けたコード・ワークは、血となり肉となったのは間違いない。

3_2

|

« 本日 --- ソロギターライブ 【ギター DE ブラジル】 --- 開催 | トップページ | ジョビンの『Wave』を…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あしたのために-その5-:

« 本日 --- ソロギターライブ 【ギター DE ブラジル】 --- 開催 | トップページ | ジョビンの『Wave』を…… »