« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

ジョビンの『Wave』を……

……弾いてみました。

ギター1本ではサウンドがプアでしたので、多機能メトロノーム 【BOSS】 Dr. Beat DB-90 との共演です (^_^;)

江部賢一さん編曲の楽譜集『ギターソロ・コレ/ボサノバ&サンバ (ギター・ソロ・コレクション) 』に掲載されている譜面をもとに、自分なりにアレンジ。

KeyはEです。

Dで演奏されることが多いナンバーですが、レギュラー・チューニングで弾くなら、Eの方が良いと思いました。6弦、5弦の開放弦が使えますから。あくまでも、ソロの場合ですが……。

ところで、曲名について、あらためて調べてみました。

Wave はもちろん英語ですが、日本語表記はウェーブ、それともウェイブ、はたまたウェイヴもありますね。

数十年前は…………でしたね~。

ポルトガル語のタイトルは、Vou Te Contar……直訳すると、あなたに伝えよう……でしょうか? 英語では、I'll Tell You となっていますね。

ちなみに、ブラジルでも Waveで通用するようです。ただし、発音はウェイヴィ!?

では、ご笑覧ください <(_ _)>

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

あしたのために-その5-

1

村上春樹さんの作品、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 』にこんな一節がある。

「他人から教えられたことはそこで終わってしまうが、自分の手で学びとったものは君の身につく。そして君を助ける」

そうだと思う。

多少は回り道になるかもしれないが、自分自身で考え、学び、そして得たものは必ず身に付くのである。

これは、楽器の演奏技術を学ぶ際にも、言えることだ。

さてさて……。

三十年以上前に購入したと記憶しているが……本には一切、発行年月日等が記されていない……渡辺香津美さんが監修した『ジャズ ギター コード ワーク』(リットーミュージック)という教則本がある。

2

4声のヴォイシングの作り方や、基本的なコード・パターンにおける応用の仕方などが学べる本だ。

解説はほとんどないのだが、ジャズ・ギターのハーモニーを考える際に数多くのヒントを与えてくれたと思う。

この教則本を使って、試行錯誤しながら、様々なトレーニングを行ったものだが、この時代に身に付けたコード・ワークは、血となり肉となったのは間違いない。

3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

本日 --- ソロギターライブ 【ギター DE ブラジル】 --- 開催

◆1月23日(水) 17:00~17:30
◆イオンモール盛岡南 専門店街 1階 センターコート

http://www.jeugia.co.jp/new_culture/centertop/mkcentertop.cgi?cid=27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

Tico-Tico no Fubá (チコ・チコ・ノ・フバー) を弾いた

最も有名なショーロ・ナンバーなのかもしれませんが、この曲をショーロと認識している人は少ないのではないでしょうか?

Zequinha de Abreu (ゼキーニャ・ヂ・アブレウ) 作曲の『Tico-Tico no Fubá (チコ・チコ・ノ・フバー)』です。

ちなみに……「チコチコ」は雀に似た小鳥の名前で、「フバー」はトウモロコシの粉を練った餌。この曲は、チコチコがフバーを食べる様子を描いているそうです。

ギター1本で表現するのは、とても難しいですね (^_^;)

ウィキペディアを見たら……『粉をついばむ雀』という邦題が付いていました。

ご笑覧いただければ幸いです <(_ _)>

ラテン名曲ギターソロ』に掲載されている楽譜を自分流に再アレンジして弾いてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

『Interrogando』に邦題を付けるとすれば……

João Pernambuco(ジョアン・ペルナンブーコ)の『Interrogando』をYouTubeにアップしました。

『Interrogando』は『インテロガンド』と表記されることが多いのですが、rr の綴りの発音を考慮すると、『インテホガンド』の方が適当なのかもしれませんね!?

interrogandoはinterrogar(=質問する)の現在分詞だと思いますが、どのように訳せば良いのでしょうか?

ご教示いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

『すぐ弾ける 映画音楽ギター・ソロ』

……というタイトルの楽譜集をAmazonで購入しました。

映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の「主題曲」と「愛のテーマ」、二曲が掲載されていたので、思わず「ショッピングカートに入れる」をクリックしてしまいました(笑)

表紙の上部には「アコースティック・ギター・プレイ」と記されていますし、表紙にはマーチンのギターが掲載されていますから、スチール弦ギター(いわゆるアコギ)用のアレンジかと思いきや……。

編曲者は平倉信行さんなのです。

模範演奏(CD)でもナイロン弦ギター(いわゆるクラギ)を使用している曲が多いですね。

また、タイトルには「すぐ弾ける」という文言が、表紙には「for Beginners」の文字が……。

これは、出版社のミスリードですね。

この楽譜集はビギナーにはすぐ弾けないでしょうし、どちらかというとクラギ向きのアレンジではないでしょうか。

01 The Battle Of Red Cliff 「RED CLIFF」より 
02 雨にぬれても 「明日に向って撃て!」より 
03 サウンド・オブ・サイレンス 「卒業」より
04 ニュー・シネマ・パラダイス~愛のテーマ 「ニュー・シネマ・パラダイス」より 
05 最初から今まで 「冬のソナタ」より 
06 カバティーナ 「ディア・ハンター」より
07 She 「ノッティングヒルの恋人」より
08 スカボロー・フェア/詠唱 「卒業」より 
09 エーデルワイス 「サウンド・オブ・ミュージック」より
10 マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン 「タイタニック」より 
11 愛のロマンス 「禁じられた遊び」より
12 セレナード第13番K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第1楽章アレグロ 「アマデウス」より
13 トゥルー・トゥ・ユア・ハート 「ムーラン」より
14 ビューティー・アンド・ザ・ビースト 美女と野獣~メイン・テーマ 「美女と野獣」より
15 交響曲第9番 作品125より 頌詩《歓喜に寄す》 「ダイ・ハード」より
16 皇帝円舞曲 作品437 「ラストエンペラー」より
17 ニュー・シネマ・パラダイス 「ニュー・シネマ・パラダイス」より
18 星に願いを 「ピノキオ」より
19 虹の彼方に 「オズの魔法使い」より
20 ALWAYS 三丁目の夕日 Opening Title 「ALWAYS 三丁目の夕日」より
21 おくりびと~on record~ 「おくりびと」より
22 Summer 「菊次郎の夏」より
23 もののけ姫 「もののけ姫」より
24 君をのせて 「天空の城ラピュタ」より
25 海の見える街 「魔女の宅急便」より
26 世界の約束 「ハウルの動く城」より
27 崖の上のポニョ(映画バージョン) 「崖の上のポニョ」より
28 男はつらいよ 「男はつらいよ」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

ナザレーの『ブレジェイロ』を弾く

無謀にも、一週間に一本、ワタクシのギター演奏をYouTubeにアップしております。

恥をかけばかくほど、スキルもアップする……らしい……たぶん……(希望的観測)

今回は、ブラジルのピアニスト・作曲家、Ernesto Nazareth(エルネスト・ナザレー)の代表曲の一つ、『Brejeiro(ブレジェイロ)』を弾いてみました。

キズだらけの演奏で、リズムの悪さも際立っていますが、ご笑覧いただければ幸いです(^_^;)

映像はPowerDirector EXPERT 3で加工しています。

ちなみに、今年はナザレーの生誕150年にあたります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

『ボンファに捧ぐ』を弾く

ジョアン・ジルベルト(João Gilberto)の『ボンファに捧ぐ(Um Abraço no Bonfá)』をYouTubeにアップしました。

多機能メトロノームBOSS DB-90 Dr.Beat との共演です(笑)

メトロノームのスタート&ストップは、フットスイッチBOSS FS-5U を使っています。

どうぞ、ご笑覧ください <(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »