« レッスンビデオ ---- 「酔っ払いと綱渡り芸人」 | トップページ | ソロギターライブ【ギター DE ブラジル】 »

2012年11月25日 (日)

『32分音符のジョルジ』(!?)を弾いた

Garoto(ガロート)の『Jorge do Fusa(ジョルジ・ド・フーザ)』……直訳すると、『32分音符のジョルジ』(!?)……を風呂場で弾いてみました(笑)

バスルーム……そうです……ジョアン・ジルベルトにあやかったわけです。

でも、でも……32分音符がうまく弾けません(^_^;)

|

« レッスンビデオ ---- 「酔っ払いと綱渡り芸人」 | トップページ | ソロギターライブ【ギター DE ブラジル】 »

コメント

edadubさん、こんにちは。

特別な練習法といったものは何もないのですが、ネットや雑誌、教則本などを参考に、効果のありそうなものを継続して練習するようにしています。

「急がば回れ」「継続は力なり」……でしょうか。

とはいうものの、やはり基本的な練習は疎かになりがちですね。

ご要望にお応えして、練習法をアップしていきたいと考えています。今後とも、よろしくお願いします。

投稿: bicha | 2012年11月28日 (水) 18時57分

細かいパッセージお見事です。
その秘訣はやはり地道な基礎訓練の賜物なのですかね。
過去記事でカルカッシ、Vロボスのエチュードの件、読みました。
僕も最近やっと、やらずで来てしまったエチュード&読譜を始めています。
あせって(何に?)曲ばかりやるのではなく
じっくりちょっとしたフレーズに取り組むほうが日々の上達を感じます・・不思議なものですね。
なにかおすすめの(特に右手)特別な練習法などあったら記事にアップしていただけるととてもうれしいです。

投稿: edadub | 2012年11月27日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『32分音符のジョルジ』(!?)を弾いた:

« レッスンビデオ ---- 「酔っ払いと綱渡り芸人」 | トップページ | ソロギターライブ【ギター DE ブラジル】 »