« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

『ヴィオロンの悲しみ』……でいいのでしょうか?

ガロートのTristezas de um Violão (Chôro Triste No.1) を弾いてみました。

この曲に邦題を付けるとすると……『ヴィオロンの悲しみ』……でいいのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

リオから『クリスタル』の楽譜が届く

Cristal2

Marco Pereira (マルコ・ペレイラ) のアルバム『Cristal (クリスタル)』に準拠した楽譜集が数日前にリオから届きました。

ネットで注文したのが先月末……、三週間あまりで手にすることができました。

ちなみに、費用は……[楽譜集(58ページ)+送料]で4,356円。

早速、CDを聴きながら譜面を眺めてみました。

楽譜に記されていない箇所などもあるようですが、概ねペレイラさんのプレイが五線譜に記されているようです。

力不足のワタクシでございますので、細かいところまではチェックできませんが……(笑)

Cristal1

これを見ながら、すらすらと弾ける……わけがありません(笑)……ワタクシが。

そんな自分を嘆く今日この頃でございます。

■収録曲
1. Pixinguinha (Suíte Retratos)
2. Cristal
3. Luz Negra
4. Ingênuo
5. Choro em Si menor
6. Migalhas de amor
7. Pedacinhos do céu
8. Ternura
9. Choro em dó menor (Fefucha)
10. Choro em Mi menor (A lira do poeta)
11. Choro Negro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

ガロートの本名って……

ガロート(Garoto)の存在を知って十年あまり。

いまだに本名を覚えることができません(恥)

だ・か・ら……Aníbal Augusto Sardinha……なんだってば!

……で、発音は「アニーバル・アウグスト・サルヂーニャ」でいいんですか?

てなわけで(←どこが、てなわけでなんだ!?)、ガロートの『Choro Triste No.2』を弾いてみました。

ご笑覧くださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

『ラメントス』をソロギターで……

ピシンギーニャの『ラメントス』を弾いてみました(^_^;)

ご笑覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

大萩康司 ギターリサイタル 2012

久しぶりにクラシックギタリストのコンサートを観ました。

大萩康司さんです。

日本のクラシックギタリストの中では、おそらく現在最も名前が知られている演奏家の一人だと思うのですが、残念ながら会場(盛岡市民文化ホール 小ホール)には空席が目立っていました。

……女性客は多かったです(笑)

「この会場は響きがいい」「きょうは天気がよくて、ギターのコンディションも悪くない」……などと曲の合間に話していましたが、おそらくご本人の調子も良かったのではないでしょうか。

氏のMCから伝わる真摯な人柄と同様に、爽やかでとても清々しい演奏を聴くことができました。それは色彩感豊かで、なんとも魅惑的なものでした。

ちなみに、使用したギターはおなじみのロベール・ブーシェ。

ASTOR PIAZZOLLA~アストル・ピアソラ作品集~』発売記念のコンサートということで、ギターデュオやフルートとのデュオ、あるいはバンドネオンとのデュオなども期待していたのですが、今回は残念ながら全曲ソロギターでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

Spain (スペイン)

チック・コリアの『スペイン』……。

今や大スタンダードナンバーとなった感がある名曲・人気曲ですが、ソロギターでパフォーマンスしているギタリストはあまり多くはないようですね。

ワタクシの好きなヴィオロニスタの一人、Diego Figueired がヴィオロン一本でこの曲をシンプルなアレンジで弾いているのを聴いて、ソロに挑戦したくなりました。

早速、様々な演奏を聴いてアレンジをパクろうと……否、耳コピしようと思い、調べてみました。

以下、YouTubeや収録CDなどを記します。

吉田次郎
http://youtu.be/6PaZz2fZOuo
THE LOOK OF LOVE

横田明紀男
http://youtu.be/FAxxcNVcDJY

渡辺香津美
ギター・ルネッサンスIV [響]

Diego Figueired
Spain

川崎 遼
http://youtu.be/XrMFe-w6wwE
スペイン/川崎燎プレイズ・ソロ・ギター

南澤大介
ソロ・ギターのしらべ 至上のジャズ・アレンジ篇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

『ジャズ・ギター・レジェンズ Vol.1 ジム・ホール』

ジャズをあまり聴かなくなって久しいのですが、昔も今も大好きなジャズギタリストがいます。

ジム・ホールです。

独特の音色とタイム感、そしてフレージング、コードワーク……その魅力は語りつくせません。

現代ジャズ・ギターの扉を開け放ち、今なお現役で進化し続けるジム・ホール。本人のインタビューから全リーダー・アルバム完全ガイド、使用楽器、奏法分析、スタイル別考察(デュオ、トリオ、ワンホーン・カルテット等)、そして人気曲のスコアと充実の内容。(出版社の内容紹介より)……というムック本が先月リリースされていました(↓)

ジャズ・ギター・レジェンズ Vol.1 ジム・ホール (シンコー・ミュージックMOOK)

早速、本屋さんへ行かなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »