« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

ヤフオクに出品しています

タカミネのエレガット
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u42670791

D.I.としても使えるアフェックスのアコースティック・エキサイター
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/158526698

グヤトーンのピックアップ EDM-3
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/163782527

『これで人前でも本当の実力でギターが弾ける』
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n109982577

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

サックスに学ぶ……

サックスに学ぶおいしいギター・フレーズ99+2 ジャズ編 ギタリストが思いつけない音の組み立て方 (CD付き)

本屋さんの教則本・楽譜コーナーで偶然見かけた本です。

パラパラとめくって眺め、面白そうでしたので、そのままレジに直行してしまいました。

本棚の肥やしにならなければよいのですが……。

早速、いくつかのフレーズを練習してみました。

最初が「レスター・ヤング風 ビッグ・バンド・スタイル」。

ふむふむ、なるほど……。

続いて、「ピー・ウィー・エリス風 ファンク王道アプローチ」。

ちょ~う、カッコいい!(笑)

次が「コルトレーン風 ルート音への半音アプローチ」。

確かに、コルトレーンしてます。

付属のCDには、<マスターするフレーズ(サックス)>⇒<マスターするフレーズ(ギター)>⇒<オクターブ上のフレーズ(ギター)>⇒<カラオケ>というふうに収録されています。

このCDはなかなか良いです。
聴いているとギターを弾きたくなります。
練習の意欲を掻き立ててくれるのであります。

「ギターがうまくなりたければ、管楽器のフレーズをコピーしろ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

気になる新製品・・・リニアPCM/HDビデオレコーダー

音楽雑誌の広告で見かけた【TASCAM DR-V1HD】が、ちょっと気になっています。

DR-V1HDは、高音質リニアPCMレコーダーに動画撮影が可能なビデオカメラを搭載し、臨場感溢れる動画撮影を可能にするリニアPCM/HDビデオレコーダー。

カメラとステレオマイクが一体となって180度回転するvari-angle機構が最大の特長で、撮影時に本体(ディスプレー)の角度を気にすることなく、向けたい方向にカメラとマイクを向けることができるそうです。

……ということは、自分側へカメラとマイクを向けることができる……。

音質・画質もさることながら、この自分撮りができるという機能がワタクシにとって心惹かれる理由なのです。

現在使用している ZOOM Q3 はシンプルな操作性は気に入っているのですが、自分撮りが難しく、悩んでいたのでありました。

DR-V1HDの発売は今月下旬と発表されています。早く実機を見てみたいものです。

 TASCAM DR-V1HD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

Tributo a Garoto (ガロートに捧ぐ)

Geraldo Ribeiro (ジェラウド・ヒベイロ?) の『Tributo a Garoto』というアルバム (CD) を購入しました。購入先はディスク・ユニオン

1980年に録音された作品の再発盤で、タイトルが示す通りガロート曲集です。

ソロギターのガロート曲集というと、パウロ・ベリナチの『Guitar Works of Garoto』が知られているかもしれませんが、ベリナチに比べると、派手なギミックなど一切なく、とにもかくにも地味だなーという印象です。

……が、しかし、じっくりとていねいに弾き込まれたギターの音色は限りなく温かく、その調べは聴く者の心に染み入ることでしょう。

表面的な華やかさには縁遠い作品かもしれませんが、だからこそガロートの音楽の魅力が浮き彫りになったような気がします。

Geraldo Ribeiro (1939-) の名前は、このアルバムで初めて知りましたが、ブラジル・クラシックギター界で高く評価されているヴィオロニスタのようです。

Geraldo Ribeiro  / Tributo a Garoto

01. GENTE HUMILDE (Garoto)
02. LAMENTOS DO MORRO (Garoto)
03. DEBUSSYANA (Garoto)
04. NOSSO CHORO (Garoto)
05. VOLTAREI (Garoto)
06. UM ROSTO DE MULHER (Garoto)
07. JORGE DO FUSA (Garoto)
08. DUAS CONTAS (Garoto)
09. QUINZE DE JULHO (Garoto)
10. INPROVISO (Garoto)
11. CHORO TRISTE NO. 2 (Garoto)
12. MEDITACAO (Garoto)
13. NAQUELES VELHOS TEMPOS (Garoto)
14. SINAL DOS TEMPOS (Garoto)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

愛器を語る~37人のギタリストに聞く、ギターへのこだわり

ヴィオロン好きなら……見逃せない……かも。

ちなみに……表紙は……村治佳織さん。

現代ギター増刊 愛器を語る 2012年 09月号 [雑誌]

東 隆幸[ホセ・ラミレス4世]
アリエル・アッセルボーン[星野良充]
新井伴典[カール=ハインツ・レーミッヒ]
新井三夫[マヌエル・ベラスケス]
石村 洋[パウリーノ・ベルナベ]
井上仁一郎[ジョン&ウィリアム・ギルバート]
上谷直子[モーリス・オティガー]
榎本裕之[ヘルマン・ハウザー3世]
塩谷牧子[ポール・フィッシャー]
大萩康司[ロベール・ブーシェ]
小胎 剛[ヘスス・ベレサール・ガルシア]
筧 優[ドミンゴ・エステソ]
加藤繁雄[サイモン・マーティー]
木村 大[グレッグ・スモールマン]
マルコ・デル・グレコ[マウリツィオ&ガブリエレ・ロディ]
毛塚功一[桜井正毅]
河野智美[キム・ヒホン(アルマ)]
志田英利子[松井邦義]
渋谷 環[マルセロ・バルベロ・イーホ]
荘村清志[イグナシオ・フレタ・エ・イーホス]
鈴木 勝[田中清人]
イョラン・セルシェル[イェオリ・ボリーヌ]
高木 孝[マヌエル・ラミレス]
高田元太郎[今井勇一]
谷辺昌央[パコ・サンチャゴ・マリン]
坪川真理子[アントニオ・マリン・モンテロ]
永島志基[マヌエル・デ・ラ・チーカ]
朴 葵姫[ダニエル・フレドリッシュ]
蓮見昭夫[シュテファン・シュレンパー]
原 善伸[サントス・エルナンデス]
福田進一[河野 賢]
藤井眞吾[三浦隆志]
レオナルド・ブラーボ[エルナンデス・イ・アグアド]
宮下祥子[アルカンヘル・フェルナンデス]
村治佳織[ホセ・ロマニリョス]
村治奏一[ヘルマン・ハウザー2世]
山田 岳[ロバート・ラック]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

João Rabello(ジョアン・ハベーロ)というギタリスト

恥かしながら……先ほど、知りました。

Paulinho da Viola(パウリーニョ・ダ・ヴィオラ)が父で、Raphael Rabello(ハファエル・ハベーロ)が叔父だということを。

João Rabello(ジョアン・ハベーロ)……1981年、リオ・デ・ジャネイロ生まれ。

リーダーアルバムは2枚リリースされているようです。

今後の活躍が大いに期待されるヴィオロニスタのひとりですね。

(↓)演奏しているナンバーは、ラウロ作曲「ベネズエラ風ワルツ第三番」です。

ブラジルのヴィオロニスタは好きですよね。この曲が。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »