« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月27日 (日)

これで人前でも本当の実力でギターが弾ける

……というタイトルの本がリットーミュージックから発売されています。

サブタイトルが……ライブ、コンテスト、レコーディングで後悔しない

ちょっと……いや、かなり気になる書籍ですね。

【CONTENTS】
■本番に必要な実力を育てるための基礎知識
■リズムを理解・利用して実力をつける
■本番で実力を発揮するための練習アイディア
■人前で迷いのない実力を出すための心得
■本番を万全にする徹底的な練習ノウハウ
■本当の実力でギターを弾く本当の理由
■シチュエーション別 実力発揮の法則:バンド練習篇/ライブ篇/レコーディング篇
■コラム:著者は見た!緊張をとるためのアクション&言葉&心得
■付録:最強プレイヤーズ・コンテスト・グランプリ受賞の記録/筆者の愛用機材とワンポイント・アドバイス/音作りの手順

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

どんな練習をしますか?

アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2012年 06月号 2012 SPRING ISSUE Vol.52 (CD付き) [雑誌]』に掲載されていた有田純弘さんのインタビュー記事より

●どんな練習をしますか?

○スケールやアルペジオ、あとはレガートの練習はよくします。意識することはいかにして脱力して弾けるか、そして最小限の動きで演奏するように気をつけています。あとオススメなのは曲をたくさん覚えること。メロディのストックを増やしておけば、少ない音数でインパクトのある演奏ができるようになるので、それが必然的に指の負担の軽減にもなると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

Yamandu Costa & Rogerio Caetano

Yamandu Costa (ヤマンドゥ・コスタ) と Rogerio Caetano (ホジェリオ・カエターノ) のデュオ・アルバムがリリースされているのを本日知りました。

言わば、7弦ヴィオロン界の2トップによるデュオであります。

出来が悪いわけがありません(たぶん)。

いや……2人とも饒舌な(時として饒舌すぎる)ヴィオロニスタでありますから……ちょっぴり不安も……。

Yamandu Costa & Rogério Caetano

1. Flor das Águas (Marco Pereira)
2. Choro Bagual (Rogério Caetano)
3. Beija-Flor (Doug de Vries)
4. Choro pra Yamandu (Lalão)
5. Vou Vivendo (Pixinguinha / Benedito Lacerda)
6. Amigo Violão (Rogério Caetano)
7. Chorando por Amizade (Yamandu Costa)
8. Fidalga (Ernesto Nazareth)
9. Marceneiro Paulo (Hélio Delmiro)
10. Matutinho (Lalão)
11. Choro em Mi Maior (Rafael Rabello)
12. Frevinho (Yamandu Costa)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

ワニロゴ+ブラジル国旗

数十年ぶりにラコステのポロシャツを購入しました(笑)

Photo ← ワニのロゴがブラジルの国旗!

ロンドンオリンピック開催に伴って誕生した限定の「フラッグ」シリーズ……なんだそうです。

http://shop.lacoste.jp/products/PH134E/001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

BOSS初のクリップ式チューナー

BOSSブランドから初めて登場したクリップ式のギター用チューナーTU-10を購入しました。

Tu10(←)こんな感じで使っています。

価格は送料込みで 2,980円 (税込)

楽天市場のchuya-onlineで購入しました。

カラーはシルバー、ブラック、メタリック・レッド、メタリック・ブルー、メタリック・ブラウンと全部で5色ありますが、無難なブラックにしました。

デザインは好き好きですが、可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

ボディーサイズの割に液晶が若干小さめなのが、ちょっぴり残念です。

気になる使い勝手ですが……可動部分がクリップだけですから、見にくい場合もあるかと案じていましたが、そんなことはありません。ギターのほかウクレレでも試してみましたが、まったく問題ありません。 シンプルな構造なので、耐久性は抜群だと思います。

調律の状態に合せて表示色が変化するカラー液晶ディスプレイを搭載していますから、視認性は良好です。

チューニング完了を表示と色の変化で知らせる「アキュピッチ・サイン」は便利ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »