« ファドの起源は…… | トップページ | 明日は大船渡で…… »

2012年4月 6日 (金)

絵を見て話せる タビトモ会話

ポルトガル語(ブラジル語)を学ぼうと思い立ってから十年以上は経っていますが、未だに超初心者です。

本棚に並ぶ教則本の類はだいぶ増えてきましたが……(苦笑)

数日前には『ブラジル (絵を見て話せる タビトモ会話)』を購入しました。

旅行に行く計画はありませんが……(苦笑)

かつてサンパウロに二か月ほど滞在したことがありますが、その際は『旅の指さし会話帳〈23〉ブラジル(ブラジル(ポルトガル)語) (ここ以外のどこかへ!)』がけっこう役に立ちました。

『タビトモ会話』は、『指さし会話帳』と同じコンセプトで作られていると思いますが、サイズが小さいこと、巻末に日本の文化がポル語で説明してあること、すべてのポル語に英語も併記されていること……などなど、より一層"使える"本なのではないでしょうか。

Muito obrigado.

|

« ファドの起源は…… | トップページ | 明日は大船渡で…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵を見て話せる タビトモ会話:

« ファドの起源は…… | トップページ | 明日は大船渡で…… »