« Alessandro Penezzi のHPで見つけた楽譜 | トップページ | ベートーベンからビートルズまで »

2012年2月22日 (水)

俺こそがサンバだ!

(↑)ワタクシのことではゴザイマセン(笑)

数日前に手に入れたCDのタイトル(邦題)でございます。

ウィルソン・モレイラ/俺こそがサンバだ!

恥ずかしながら、ウィルソン・モレイラさんのことは存じ上げていなかったのでありますが、いまは亡きハファエール・ハベーロ大師匠がバックをつとめているということを知り、Amazon の<ショッピングカートに入れる>をプチっとクリックしたのでありました。

ちなみに、ウィルソン・モレイラ(Wilson Moreira)は、1936年、リオ・デ・ジャネイロ生まれのサンビスタ、シンガー・ソングライター。1970年代には名作詞家ネイ・ロペスとのコンビで多くの名曲を発表し、ベッチ・カルヴァー リョクララ・ヌネスらが歌って大ヒットさせた……そうです。

そんなウィル ソンが1986年にリリースしたはじめてのソロ名義のアルバムがこの作品であります(CDの再発は2007年)。

ソリストとして活躍していたハファエルは、当時、サンバの伴奏はやめていたそうですが、プロデューサー田中勝則さんのプロジェクトのオファーは快く引き受けてくれたそうです。

編曲はエンリッキ・カゼス。カヴァキーニョやヴィオロン、ヴィオロン・テノールで参加しています。

バッキングの要は、やはりハファエルの7弦ギター。タイトなリズムと、ずっしりと腹に響くバイシャリーア……流石……であります。

|

« Alessandro Penezzi のHPで見つけた楽譜 | トップページ | ベートーベンからビートルズまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俺こそがサンバだ!:

« Alessandro Penezzi のHPで見つけた楽譜 | トップページ | ベートーベンからビートルズまで »