« バンドリンの教則本が気になる | トップページ | 黒澤澄雄氏製作の7弦ギター »

2011年11月30日 (水)

カエルの鳴き声

João Donato(ジョアン・ドナート)の作品に『A Rã (ア・ハン)』 という曲がある。

タイトルはズバリ……カエルだ。

オリジナルでは歌詞が無く、「ゴロゴド ゴロゴドゴロー ゲレゲデー ゲレゲレゲレー (?)」などとスキャット(?)で唄っている。

現在、唄われている歌詞は、後にCaetano Veloso(カエターノ・ヴェローゾ)が付けたものらしい。

カエターノの詞はともかく……ジョアンがつぶやいているのは、カエルの鳴き声を模したものなのだろうか?

というわけで、カエルの鳴き声(擬声語)について調べてみた。

ゲロゲロ……ケロケロ……ゲゲゲゲ……ケケケケ……ゲコゲコ……コアー コアー……クワックワッ……ケゴルゲゴル……ケグルゲグル……。

ブラジルではカエルの鳴き声をどのように表現するのだろう?

A Rã の楽譜

 ← A Rã が収録されているアルバム

|

« バンドリンの教則本が気になる | トップページ | 黒澤澄雄氏製作の7弦ギター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルの鳴き声:

« バンドリンの教則本が気になる | トップページ | 黒澤澄雄氏製作の7弦ギター »