« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月28日 (金)

D線が2本ある!?

ひ~さ~し~ぶ~り~にタカミネのエレガットを弾こうと思ったら、弦がひどい状態だったので、替えることに……。

ワシはこのギターにはプロアルテのハードテンションと決めておる。

「確か、買い置きしてあったはず」

3セットまとめた商品を購入していたのだ。

……箱を開けてみると……最後の1セットが……。

さっそく開封し、いつものように第6弦から交換していったのだが……。

第5弦(A線)が見つからん。
何度も確かめたが、無い。
無いものは、無い。
ホントに無い。

やがて、驚愕の事実に遭遇した。

「D線が2本ある」

こんなことが許されて良いのか。ワシは怒り心頭に発した。

「でも、ネット通販で購入したものだし、クレームをつけたところで、いますぐ弦を手にすることはできないし……」

せっかちなワシは、プロアルテのハードテンションを求めて街に出かけた。

ここは北東北の地方都市。バラでA線だけが買えるとは思っていない。セットでいいのだ。

しか~し、どこにもな~い。ヤマハとオーガスチンはあったが……、ワシ、嫌いやねん。

またまた、しか~し、よ~く見てみると、見たことがないメーカーのものがあった。

Luthier……というブランドらしい。

パッケージの表には「Classical / Flamenco Guitar Strings」の表記が、裏にはパコ・デ・ルシアの写真が印刷されている。どうやら、フラメンコギター用の弦らしい。

しばし悩んだが、「ミディアム/ハード テンション」でもあるし、フラメンコ弦なるものがどんなものなのか興味があったので、購入することにした。

さっそく家に帰り、パッケージを開けると……またまた驚愕の事実に遭遇する。

巻弦が各弦とも、真空パッケージされているのだ。すごい。

さてさて、肝心の音だが……。

一言でいえば、まさにフラメンコギターのイメージ。快活で、歯切れが良い。

指にまとわりつくかのような右手のタッチも、好印象である。

本格的なクラシックギターの場合はいざ知らず、チープなクラシックギターやエレガットには試してみる価値がある弦だと思う。

※「ルシエール」……ネットでチェックしてみると……フラメンコ弦の定番でありました

ルシエール BLUEハードテンション

ルシエール REDミディアムテンション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

目からウロコの……

こんなに簡単なことだったのか!?
上達のヒント、練習法が満載!

……という惹句の教則本を購入しました。

目からウロコのジャズ・ギター(DVD付) (jazz guitar book Presents) です。

モチベーションが低いときは、いつも、こんな本などに頼ってしまいます。

いつの間にか、本棚は楽譜や教則本だらけになってしまいました(苦笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

JBの7弦ギターが……

ブラジルはサンパウロの弦楽器製作家、JBことジョアン・バチスタの中古7弦ギターが販売されています。2004年製作のようです。

http://www.guitarshop.jp/list.php?name=guitar&class=guitar&new=true

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

Armand Neves の楽譜

ギター奏者で作曲家のArmando Neves (1902-1976) の楽譜です。

Choro No.2
http://www.angelfire.com/sk/syukhtun/neves_choro_2.pdf

Choro No.3
http://www.angelfire.com/sk/syukhtun/neves_choro_3.pdf

Choro No.6
http://www.angelfire.com/sk/syukhtun/neves_choro_6.pdf

Armando Neves (アルマンヂーニョ) は日本ではあまり知られていないヴィオロニスタかもしれませんが、素敵なショーロを数多く残しています。

作品はこのアルバム(↓)で聴くことができます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

今月8日はソロギター・ライブ

10月8日(土) pm 8:00 ~

LiveBar CROSSROAD (岩手県盛岡市内丸5-9 2F)

http://crossroad3.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »