« "Choro Academico"の楽譜 | トップページ | 今月8日はソロギター・ライブ »

2011年9月27日 (火)

阿漕なアコギ

ナット幅が約46mm、弦長が約630mmのギターを購入した。

……いわゆるアコギというやつである。

 

ブラジル音楽にはまってからは、ほとんどナイロン弦ギター(クラシックギター)しか弾かなくなっていたのであるが、ある日突然、アコギの音色を欲したのだ。数か月前のことだ。

当初はヤマハの古~いモデルである「ダイナミック・ギター」を候補に挙げたのだが、良い状態のものがほとんどなく、買うのは止めた。

いろいろと検討したのであるが、結局、「12フレット・ジョイント」「ナット幅が広い」「弦長が630mm程度」……この3つの条件があてはまるアコギを探すことにした。

マーチンのいわゆるニューヨーカー・モデルがこの条件にピッタリとはまるのだが、価格がネックである。国産のK.ヤイリやヘッドウェイのカスタム・モデルもあるが、マーチンに負けず劣らず高価である。

そんなところに現れたのが、中国製のEASTMAN E-20Pである。

楽器店に行って、弾いてみた。

素晴らしい……とは言えないかもしれない(苦笑)。……が、コストパフォーマンスは良いのでは……。

悩みに悩んで、1ヵ月後、購入。資金は大切にしていたフルアコを売却して捻出(大泣)。

弦はマーチン・アコギ弦(シルク&スチール)に張り替えた。クラシックギターと持ち替えても、それほど違和感なく弾けると思う。

|

« "Choro Academico"の楽譜 | トップページ | 今月8日はソロギター・ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿漕なアコギ:

« "Choro Academico"の楽譜 | トップページ | 今月8日はソロギター・ライブ »