« ギターと出会った日本人たち | トップページ | 久しぶりにショーロを聴く »

2011年3月 4日 (金)

『ブラジルの流儀』

ブラジルの流儀―なぜ「21世紀の主役」なのか (中公新書) という書籍をAmazon へ注文した。

著者が言うところの「21世紀の主役」は主に経済の観点からかもしれないが、ワシは経済のみならず、文化もそうなると思う。……いや、なってほしい。

ワシの直観だが……、ブラジルの影響力が大きくなれば、世界情勢は好転するはずである。

 

|

« ギターと出会った日本人たち | トップページ | 久しぶりにショーロを聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラジルの流儀』:

« ギターと出会った日本人たち | トップページ | 久しぶりにショーロを聴く »