« Rozini のバンドリンが… | トップページ | 女たちが歌うとサンバが美しく花開く »

2010年11月 5日 (金)

K-Ximbinhoが気になる

これまでほとんど関心のなかったK-Ximbinho (Sebastião de Barros, 1917-1980) なる人物が気になる今日この頃です。

そもそも、どのように発音すれば良いのでしょうか?

…カシンビーニョ?…キシンビーニョ?…それとも…教えてください。

このニックネームの由来も知りたいのですが…。

ちなみに、K-Ximbinho はブラジルのリード奏者、作曲家、編曲家。よく知られた作品の一つに"Sonoroso"(ソノローゾ)があります。

この曲をソロギターで演奏しているのが、Marcus Llerena というブラジル人ギタリスト。CD『Brazilian Guitar Treasury』に収録されています。

久しぶりに聴いていますが、なかなか良いアルバムですね。派手なギミックは一切ありませんが、丁寧に弾きこまれたブラジリアン・スタンダードは心に染み入ります。

…それにしても…K-Ximbinhoが気になって夜も眠れません。

|

« Rozini のバンドリンが… | トップページ | 女たちが歌うとサンバが美しく花開く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-Ximbinhoが気になる:

« Rozini のバンドリンが… | トップページ | 女たちが歌うとサンバが美しく花開く »