« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月29日 (金)

Rozini のバンドリンが…

Yahoo!オークションに出品されていますね~。(↓)

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w55982733

終了日時は10月 30日 23時 30分です。

Rozini (ホズィーニ) はブラジルの弦楽器メーカー。ワタクシもかつて、ヴィオロン・セッチ(7弦ギター)を所有しておりました。入門用の安価なものでしたが…。

さて、このオークションですが開始価格が五千円…ピックアップ付き…ハードケース付き…思わず入札したくなりましたが、何とか踏みとどまりました…いや…まだ思案中でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

『生きたグルーヴでギターが弾ける本』

…というタイトルの本が出版されました。

著者は米バークリー音楽大学で教鞭を執るトモ藤田氏。

ワタクシは『ギター・マガジン 耳と感性でギターが弾ける本 (CD付き)』で著者を知りましたが、彼のシンプルなメソッドは演奏力向上に大きく寄与すると考えております。

【CONTENTS】
■1章 心がグルーヴしなければ演奏はグルーヴしない
■2章 グルーヴを歌で表現する
■3章 ベース・ラインを身体で感じる
■4章 シャッフルのリフを追求する
■5章 多彩なハーモニーを味わう
■6章 スウィングはファンクに通じる
■7章 ギター・ソロをグルーヴさせる
■8章 日常生活をグルーヴで彩る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

Apanhei-te, cavaquinho!…

ちょっと気になることがあってErnesto Nazareth(エルネスト・ナザレー)をWikipédiaで調べてみた。

ナザレーの代表作の一つである『アパニェイチ・カヴァキーニョ』の欧文表記を確かめたかったのである。

Apanhei-te, cavaquinho!…

(↑)Wikipédiaにはこう記されていた。

Wikipédiaが必ずしも正しいわけではないと思うが、cavaquhinhoの後ろに感嘆符と点線が続いて記されており、この緻密さが信憑性を高めている。

何よりも、この表記が楽曲のニュアンスを見事に表現しているではないか。

もう一つ、気になるのは邦題だ。

『カヴァキーニョを捕まえた』

『頑張れ、カヴァキーニョ!』

二つの日本語タイトルを見かけるのだが(漢字をひらがなで表したものもある)、意味がまったく違うではないか。

どちらが邦題に相応しいのか、あるいはどちらも間違いなのか…本当はどんな意味なのか…今夜も眠れそうにない…(大嘘)

というわけで、"Apanhei-te, cavaquinho!…"の楽譜はこちら!…

http://www.angelfire.com/sk/syukhtun/cavaquinho.pdf

※ギターデュオ用でございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

"Magoado"の楽譜(ギターデュオ)

Dilermando Reis(ヂレルマンド・ヘイス)作曲『Magoado(マゴアド)』の楽譜です。

ソロで演奏されることが多いナンバーだと思いますが、これはギターデュオ用にアレンジされています(↓)。

http://marcelomelloweb.kinghost.net/dilermando_reis_magoado.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

体育の日はライブ

今月11日は"マヌーシュブルーズ"の店『Live Bar CROSSROAD』でショーロのミニライブ(↓)。

http://crossroad3.exblog.jp/14118531/

http://crossroad3.exblog.jp/13970721/

"ショーロの解説を交えながら…"という店主様のリクエストにお応えするべく思案する今日この頃でございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

『こどものハノン』でエクササイズ

こどものハノン(全音楽譜出版社)を購入しました。

ワタクシには子供はおりません。

ワタクシ、ピアノは弾きません。

でも、『こどものハノン』を買いました。

ワタクシ、これでギターを練習しています。

ときどきですが…。

"何事も基本が大切である"ことを痛感している今日この頃であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »