« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月27日 (金)

Samambaia の楽譜 ← 編曲はマルコ・ペレイラ

Marco Pereira(マルコ・ペレイラ)がアレンジしたCesar Carmago Mariano(セザール・カマルゴ・マリアーノ)作曲『Samambaia(サマンバイア)』の楽譜です(↓)。

http://www.marcopereira.com.br/Downloads/Partituras/arranjo03.jpg
http://www.marcopereira.com.br/Downloads/Partituras/arranjo04.jpg
http://www.marcopereira.com.br/Downloads/Partituras/arranjo05.jpg

(↓) Samambaiaを収録したアルバムはこちら!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

ペレイラ大先生の新作が届いた

HMVにオーダーしていたMarco Pereira(マルコ・ペレイラ)大先生のニューアルバムがやっと届きました。

新作のタイトルはCristal

・・・そうです。

Cesar Carmago Mariano(セザール・カマルゴ・マリアーノ)作の名曲です。

アルバムにはタイトル曲を含め11曲が収録されています。

全曲ヴィオロン独奏です。

テーマはショーロ・・・でしょうか?

ハダメス・ジナタリの組曲「肖像」から「ピシンギーニャ」、ピシンギーニャの「インジェヌオ」、ヴァルヂル・アゼヴェードの「ペダシーニョス・ド・セウ」、パウリーニョ・ダ・ヴィオラの「ショーロ・ネグロ」・・・古典的な名作が目白押し。

3曲のペレイラ大先生オリジナルのショーロも佳作ぞろい。

ブラジリダーヂに満ち溢れ、ジャジーな味わいもほどよくブレンドされたサウンドは魅力この上ない極上のインスト作品と言えるでしょう。

Marco Pereira/Cristal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

イオン盛岡南 JEUGIA 盲導犬育成チャリティ音楽会

■ イオン盛岡南ショッピングセンター 1F センターコート

■ 8月22日(日)

11:00~11:45 フォーク塾*溝渕和雄(コーラスグループ「サーカス」元音楽監督)
14:00~14:45 ウクレレ&ボサノバギター*千葉幸成(MGS講師)+受講生
15:00~15:45 リズムクリニック*高橋伸之(プロドラマー・浜田省吾&THE FUSE・香西かおりバンドリーダー)

http://www.aeon.jp/sc/moriokaminami/event.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

ブラジル音楽を知り尽くせ!

最新のブラジル音楽ガイドブックです。
昨日、立ち寄った書店で目にとまり、即購入しました(↓)。

ウィリー・ヲゥーパー著『リアル・ブラジル音楽』(ヤマハミュージックメディア)

ブラジルの基礎知識から、ブラジル音楽の歴史や最新情報、ブラジル音楽の情報収集方法、映画や料理・デザインなどのブラジル文化、ブラジル旅行の勧め、そしてCDセレクションまで、さまざまな角度からブラジルの「生」の情報を紹介しています。

著者は東京・西荻窪にある「ブラジル」をキーワードにしたコミュニティ・スペースAparecidaのオーナー(?)で、本名は内緒らしい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

「ショーロって何ですか?」

酒場などで「ブラジル音楽が好きなんですよ」と自己紹介すると、十中八九、「ボサノバですか」と尋ねられる。

面倒くさいときは、「えぇ、まぁ」などと口をにごす。

真面目に「ボサノヴァ、好きですよ。サンバもいいですね。でも、一番好きなのはショーロなんです」と答えると、相手は「ショーロって何ですか?」と怪訝な顔をする。

ワシ「花に水をさすときに使うあれですよ」。

相手「・・・・・・」

ワシ「それはショーロやなくて、ジョーロやろ」。

オヤジギャグがスベリ、自分自身に突っ込むワシでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

こんなヴィラ=ロボスが聴きたかった!

エイトール・ヴィラ=ロボスのSchottish-Choro (ショッチ・ショーロ) を7弦ギターのヤマンドゥが弾くとこうなるんですね~。

こんなに優雅なショッチ・ショーロは初めてです。
何と言っても、ショッチのリズムが心地いいんです。

ヤマンドゥーが奏でる旋律に聞き惚れてしまいました。よく歌っていますよね~。

ところで・・・、ヤマンドゥー、ギターを替えたんですね。そのせいかもしれませんが、音色が以前より美しく感じられます。

共演の Guto Wirtti (グート・ヴィルチ・・・と発音するのでしょうか?) も素晴らしいベーシストですね。

それにしても・・・、ヤマンドゥ、冒頭で一旦演奏を止め、弾きなおしているのは何故なんでしょうか?

Yamandu Costa (ヤマンドゥ・コスタ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »