« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月26日 (月)

ルイス・ボンファの甥

Luiz Bonfa(1922~2001) の甥がヴィオロニスタとして活躍していることを今夜知りました。

名前はJorge Bonfa (ジョルジ・ボンファ)

影響を受けたギタリストとして、ルイス・ボンファ、バーデン・パウエル、ガロートの名前を挙げています。

では、彼のトリオで、パウリーニョ・ダ・ヴィオラ作の名曲"Sarau para Radamés"をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

ディアンスの楽譜 ・・・ ピシンギーニャ作品集

Roland Dyens (ローラン・ディアンス) の新譜 (リリースは昨年ですが・・・) Naquele Tempo (ナケーリ・テンポ) に準拠した楽譜集が発売されています。

出版元がアメリカのGSP社ですから、国内では大手のクラシックギター専門店で入手できるのではないでしょうか。私はギターショップ アウラで購入しました。

 ディアンスの 楽譜を見つめ 目が点に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

これはスゴイです…すごすぎます

"天才音楽家"という形容は、この二人のためにあるんじゃないでしょうか?

Yamandu Costa (ヤマンドゥ コスタ) Hamilton De Hollanda (アミルトン ヂ オランダ) です。

年初めにリリースされた二人の共演ライブ盤をようやく手に入れました。

7弦ギターのヤマンドゥと10弦バンドリンのアミルトン・・・ブラジル音楽の中でもショーロやインストもの、とりわけ弦楽器が好きな方ならわかりますよね・・・魅力この上ない組み合わせです。

完璧な演奏技術が紡ぎ出す一糸乱れぬアンサンブルと驚異的なアドリブソロ。
疾走感と叙情性に満ち溢れた圧倒的な表現力。

これは、もう、2010年のベストアルバムに決定でしょう。

ちなみに、収録されている曲はナザレーの"Escorregando"を除いて、すべて二人のオリジナル。録音は2008年1月。ライブ会場はサンパウロのシアター"Auditório Ibirapuera"です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月 7日 (水)

"Fishman Aura Spectrum DI "・・・どうでしょう?

最近とても気になっている機材が "Fishman Aura Spectrum DI "であります。

一言で説明すれば・・・Aura機能を搭載した高品位プリアンプ/D.I.・・・という製品なんですが、使い勝手はどうなんでしょうか?

ピックアップで拾われたアコースティック・ギターのサウンドをマイクで収音されたサウンドに変換するAura機能が最大の特長なんですが・・・、シンプル・セッティングのコンプレッサーもなかなかの優れもの・・・という評価もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

Victor Martinez (ビクター・マルチネス) というギタリスト

YouTubeで "O Barquinho"(小船) に乗っていたら、こんなギタリストが釣れました。

ビクター・マルチネスはチリのサンティアゴ出身。1970年代にオーストラリアへ渡り、現在は 長男アンドロ、次男ダウノと共に "Martinez Trio"として、活動しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »