« ボサ・ノヴァ・ギターのしらべ・・・ベスト版登場 | トップページ | ZOOMのQ3は良いです »

2010年6月 2日 (水)

ヤマハのNCX2000Rを弾いてみた

ヤマハのエレガットNCXシリーズのトップモデルNCX2000Rを、先日、某楽器店で弾いてみました。

第一印象は、とにもかくにも・・・「弾きやすい」・・・の一言です。弦高が低めで弦のテンションが弱め・・・ということなのでしょうか。

生音は可も無く不可も無く・・・といったところでしょうか。これといった特徴が無いのです。

アンプ(ローランド)を通して弾いた印象も変わりません。

良く言えば、ナチュラルなサウンド。悪く言えば、面白みに欠ける音・・・でしょうか。

プリアンプ(のコントロール部)はシンプルで使いやすいと思います。

価格は高いですよね~。実売で30万円以上もするんですから。

宝くじにでも当たったら、買いたいと思います。

・・・それにしても・・・あの弾きやすさは捨てがたい・・・です。


YAMAHA NCX2000R エレクトリック・ナイロン・ストリングス・ギター

|

« ボサ・ノヴァ・ギターのしらべ・・・ベスト版登場 | トップページ | ZOOMのQ3は良いです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハのNCX2000Rを弾いてみた:

« ボサ・ノヴァ・ギターのしらべ・・・ベスト版登場 | トップページ | ZOOMのQ3は良いです »