« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月28日 (月)

やっても~た~

やってしまいました。

持っていたCDをまた買ってしまったのです。

こんなことは久しぶりです。

 

購入したのは日本盤(↑)で、前から持っていたのはブラジル盤(↓)なのですが、ご覧のように、ジャケットのデザインが大きく異なるのです。

「中身をチェックしなかったのか?」・・・と突っ込まれそうですが、なぜか買ってしまったんですね~。

 

しかし、災い転じて福となす・・・?。

このアルバムを毎日聴きまくりました。

まさに名盤中の名盤です。

今回の出来事が無ければ、こんな名演奏を聞き逃すところでした(前回の購入時はCDを手に入れたことで満足していたので、まともに聴いていなかった)。

いや~、ショーロってホントにいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

『ボサ・ノヴァ・ギター』

ボサノヴァのギターを学びたい方にとって、最良の教則本ではないでしょうか。

佐藤正美さんが著したボサ・ノヴァ・ギター (CD付き)です。

佐藤正美さんのブログです(↓)。

佐藤正美ブログ「まーたんのむし・むし・むしどる日記」

・・・なかなかユニークなタイトルですな~・・・と思ってクリックしてみたら、佐藤正美さんと同姓同名のグラビア・アイドルのブログでした。

さてさて、本書は1994年発行『リアル・アコースティック・ギター ボサ・ノヴァ』に新しい章「コード・ソロ入門」を追加した新装版・・・ということなのですが・・・・この新たに加わった「コード・ソロ入門」が良いですね。とてもわかりやすく解説されていると思います。

ダイアトニック・スケール・コードに始まり、基本リズム・パターン、テンション・コード、代理コード、アルペジオによるコード・ソロと進み、さらに「イパネマの娘」のアドリブをマスターするという充実した内容になっているんです。

本書は全体を通して、ボサノヴァの基礎的な知識、ギター演奏の基礎から、コードやコード進行などの理論、そしてボサノヴァのリズム・パターンがしっかりと学べるように構成されているのがうれしいですね。

最終章には、応用編(ギターソロ)として、「Wave」「Seguramente」(佐藤正美さんのオリジナル)「Felicidade」「Triste」「Samba De Orfeu」が収録されています。

オススメ度 ★★★★★ の教則本です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

ジャズの壁を超える・・・

本屋で偶然出会った『ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)』・・・。

ギター弾きをやる気にさせてくれる本です。

久しぶりにギターを本気で練習する気になりました。

モチベーションが上がること請け合いです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

エポカ・ヂ・オウロが演奏した曲

先月、すみだトリフォニーホールで開催されたコンサートのプログラムでございます。

いや~、ホントにショーロっていいですね。

至福の一時でございました。

Kyoku001002_3

Kyoku001002_2

来日記念盤はこちら!(↓)

 

ショーロファンなら迷わず買いなさい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

カルトーラ ~ サンビスタの物語

こんなDVDが発売されていたんですね~。

 

サンバ界のレジェンド、カルトーラの生涯を追ったドキュメンタリーです。

「ブラジル音楽界におけるもっとも重要な作曲家・歌手の一人、カルトーラ。 石大工だった彼はセメントが髪にこびりつかないよう帽子をかぶっていたことから、カルトーラ(シルクハット)というあだ名を工事現場でつけられる。 生まれつきの才能に恵まれた彼だが、最初のオリジナルレコードを発表したのは65歳になってからだった」

波乱万丈で音楽と愛に満ち溢れたカルトーラの人生を、当時の貴重な映像と関係者の証言をまじえながら振り返った作品・・・だそうです。

我が家のテレビは壊れていて、画面が写らないが・・・PCで見ればいいか~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

ZOOMのQ3は良いです

自分のライブを録画したり、練習時のチェック用に使おうと、ZOOMのハンディ・ビデオ・レコーダー【Q3】を購入しました。

使い勝手が最高ですね~。極めてシンプルです。マニュアル(これもシンプル!)を読まなくても、なんとなく使えちゃいます。パソコンに例えるなら・・・MAC・・・といったところでしょうか。

「リモコンが無い」「液晶モニターを見ながら、自分を撮影できない」「液晶モニターの反対側にスピーカーが付いている」・・・不満は多々ありますが、とりあえずは問題ないでしょう。

メトロノームと並んで、お稽古の必需品・必携品となりそうです。

ちなみに、私は・・・"あると便利なオプション全部入りセット"を楽天市場で購入しました(↓)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

ヤマハのNCX2000Rを弾いてみた

ヤマハのエレガットNCXシリーズのトップモデルNCX2000Rを、先日、某楽器店で弾いてみました。

第一印象は、とにもかくにも・・・「弾きやすい」・・・の一言です。弦高が低めで弦のテンションが弱め・・・ということなのでしょうか。

生音は可も無く不可も無く・・・といったところでしょうか。これといった特徴が無いのです。

アンプ(ローランド)を通して弾いた印象も変わりません。

良く言えば、ナチュラルなサウンド。悪く言えば、面白みに欠ける音・・・でしょうか。

プリアンプ(のコントロール部)はシンプルで使いやすいと思います。

価格は高いですよね~。実売で30万円以上もするんですから。

宝くじにでも当たったら、買いたいと思います。

・・・それにしても・・・あの弾きやすさは捨てがたい・・・です。


YAMAHA NCX2000R エレクトリック・ナイロン・ストリングス・ギター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »