« 音程+リズム+録音=? | トップページ | このアルバムを聴いてね-その10- »

2010年4月17日 (土)

このアルバムを聴いてね-その9-

F to G

(↑) 知る人ぞ知る・・・隠れた名盤・・・です・・・よね。

ワシが知らなかっただけかもしれませんが・・・。

このアルバムを紹介してくれたパーカッションのアイカワ氏に感謝します。

さてさて、F to Gはヴォーカル&ギターのフィロー・マシャード (Filó Machado) とパーカッションの GENNOSHIN こと安井源之新のデュオ・アルバムであります。

"ヴォーカル&ギターの"フィロー・マシャードと紹介しましたが、"ギター&ヴォーカルの"と書いた方が適切かもしれません (あくまでもヴィオロニスタの目線・・・いや耳線・・・か?)

ギターが、歌の伴奏という次元ではないのです。ヴォーカル(スキャット)と渾然一体となった演奏は芳醇かつ豊潤・・・饒舌ではありますが、やりすぎ感はまったくありません。

ブラジル恐るべし・・・であります。

パーカッションは門外漢のワシでありますが・・・、GENNOSHINの切れの良いリズムも実に心地好い~んです。

ブラジル音楽ファンのみならず、もっと幅広く知られても良い作品でありましょう。

|

« 音程+リズム+録音=? | トップページ | このアルバムを聴いてね-その10- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このアルバムを聴いてね-その9-:

« 音程+リズム+録音=? | トップページ | このアルバムを聴いてね-その10- »