« このアルバムを聴いてね-その9- | トップページ | 盛岡でパゴージが・・・ »

2010年4月29日 (木)

このアルバムを聴いてね-その10-

Tom Brasileiro / Filó Machado e Cibele Codonho

(↑) "心地よい違和感"を感じさせてくれるアルバムなんです。

心地よい違和感・・・変な日本語でありますが・・・でも、そうなんです。

超絶ギターとヴォイス・パフォーマンスで知られるフィロー・マシャード。

女性コーラス・トリオ、ア・トレスのメンバーでもあるシベーリ・コドーニョ。

男女のデュオ・ヴォーカルとギターという、シンプルで、ありがちな構成なんですが、聞く者をグイグイと二人の世界へ誘います。

二人の絡みが、もう、たまりません。冒頭のナンバー、"Wave"からいきっぱなしです・・・。もう、たまりません。

タイトルからもわかるように、このアルバムはトム・ジョビン作品集・・・。

ですが、「またか」と思ったあなたの思惑を見事に裏切ってくれること請け合いです。巷にあふれているジョビン作品集とは一線を画す出来栄えなんです。ここまでオリジナリティあふれるジョビン・カヴァーは他に類を見ないかもしれません。

それは、冒頭に記した"心地よい違和感"であります。

耳になじんだ定番のコード進行とは異なるリハーモナイズされた響きなんです。

(サビから入るなど) ガラリと構成が変わってしまった曲もあります。

でも、それが適度な緊張感と高揚感を与えてくれるので、実に心地よいのであります。

■ 収録曲 ■

1. Wave
2. Correnteza
3. So Danco Samba
4. Sabia
5. Desafinado
6. A Felicidade
7. Por Causa de Voce
8. Triste
9. Insensatez
10. Inutil Paisagem
11. Corcovado
12. Anos Dourados
13. Meditacao
14. Eu Nao Existo Sem Voce
15. So Tinha de Ser Com Voce

|

« このアルバムを聴いてね-その9- | トップページ | 盛岡でパゴージが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このアルバムを聴いてね-その10-:

« このアルバムを聴いてね-その9- | トップページ | 盛岡でパゴージが・・・ »