« ヴィラ=ロボスをギタートリオで・・・ | トップページ | SCHETTINI のカヴァコが・・・ »

2010年2月24日 (水)

このアルバムを聴いてね-その8-


Ze Paulo Becker / Pra Tudo Ficar Bem

ブラジルを代表するヴィオロニスタの一人、Ze Paulo Becker (ゼー・パウロ・ベッケル) 先生、久々の快作じゃ。

2000年リリースの1stアルバムはワシのお気に入りの一枚だったのじゃが、2ndと3rdはイマイチ・・・だったのじゃよ。

てなわけで、昨年リリースされた4thに期待していたわけじゃが、ワシの期待に違わず、素晴らしい出来栄えじゃ。

全曲がオリジナルで、佳曲ぞろい・・・ベッケル先生のフィンガーワークも冴え渡っておるぞ。

さてさて・・・本作は全体的にポップで華やかな印象なんじゃよ。ネイ・マトグロッソ(!)にゼー・へナート、そしてモイゼイス・マルケス・・・ゲスト歌手が魅力的な歌声を聴かせてくれておるしの~。

ベッケル先生本人も歌っておりますぞ。

そうやの~・・・ワシの一押しは、ネイ・マトグロッソがフィーチャーされた3曲目かの~・・・サルサ調のナンバーで、妖しくも艶っぽい喉を披露しておるのじゃ。

|

« ヴィラ=ロボスをギタートリオで・・・ | トップページ | SCHETTINI のカヴァコが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このアルバムを聴いてね-その8-:

« ヴィラ=ロボスをギタートリオで・・・ | トップページ | SCHETTINI のカヴァコが・・・ »