« ブラジル製のテーブルウェアは・・・ | トップページ | Yamandú(ヤマンドゥ)の楽譜 »

2010年2月16日 (火)

『ヤンキー記者、南米を行く』

「少年院あがりのヤンキーが『サンパウロ新聞』の記者に! 貧民街の友人や日本人移住者から学んだ“生き様”とは?」

サンパウロ新聞福岡支局長・吉永拓哉氏の著書『ヤンキー記者、南米を行く』の腰帯に記されたコピーだ。

少年院生活を送った筆者は、ある日突然、父親から“南米で修行してこい”との命を受ける。戸惑いながらも南米行きを決意し、悪戦苦闘しながらも、懸命に生きる元ヤンキー。筆者は様々な出会いや別れを通して成長してゆく。

抱腹絶倒、間違いなし。

感動と笑いが満載。

空前絶後のノンフィクションだ。

 

|

« ブラジル製のテーブルウェアは・・・ | トップページ | Yamandú(ヤマンドゥ)の楽譜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤンキー記者、南米を行く』:

« ブラジル製のテーブルウェアは・・・ | トップページ | Yamandú(ヤマンドゥ)の楽譜 »