« ヤフーオークションに・・・ | トップページ | ブラジル製のテーブルウェアは・・・ »

2010年2月12日 (金)

ジョビンとショパン

昨年の12月頃から弾き始めているジョビンの「Insensatez (インセンサテス)」。

この曲は英語のタイトル「How Insensitive」の方が知られているかもしれません。

邦題の「お馬鹿さん」は、ちょっとなんだかな~・・・といった感じであります。

江部賢一さんの編曲(クラシックギターソロのためのポピュラーコレクション Vol.2 江部賢一 編曲に収録されている)を参考にして弾いていたのですが、それに一ひねり加えたいと考え、思い付いたのがショパン。

そうです。「24の前奏曲 作品28 第4番 ホ短調」です。

全体の雰囲気が似ていますし、出だしの旋律がそっくりですので、この2曲を合体できるのではないかと考えたわけです。

というわけで、ショパンの楽譜を探してみましたら、こちら(↓)のサイトにありました。

http://www.classtab.org/

クラシック関係の楽譜が充実しています。ブラジル関係も数曲ありました。

ただし・・・TAB譜のみです。五線譜はありません。

ジョビンのキーはBm、ショパンのキーはEm・・・というわけで、ショパンの方をBmに移調し、ジョビンの曲と合体させることに・・・。

(つづく・・・かもしれない)

|

« ヤフーオークションに・・・ | トップページ | ブラジル製のテーブルウェアは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョビンとショパン:

« ヤフーオークションに・・・ | トップページ | ブラジル製のテーブルウェアは・・・ »