« 未知の楽譜との遭遇!? | トップページ | ヨハン・ゼバスティアン・バッハをギターで・・・ »

2010年1月17日 (日)

"感情的な 第一番"

今夜もまた、偶然、遭遇した楽譜がある。(↓)

http://homepage.mac.com/alex_rogowski/Sites/pdf/Emotiva.pdf

ブラジル人ギタリスト、Hélio Delmiro (エリオ・デルミロ) 作曲の"Emotiva No.1"だ。

Emotiva・・・直訳すれば・・・「感情的な」・・・です・・・たぶん
英語のEmotional・・・です・・・たぶん

エレクトリック・ギターもナイロン弦ギターも弾くデルミオさんですが、このナンバーはヴィオロン1本で奏でられる文字通りエモーショナルな佳曲であります。

デルミオさん自身のアルバムにも収録されていますが、入手しやすいのはBadi Assad (バヂ・アサド) さんの"Echoes of Brazil"でしょう。この曲の他にも、あんな曲やこんな曲など(←どんな曲や~)、ブラジルのギター音楽を代表するナンバーが数多く収められていまして、ワシお気に入りの1枚でもありんす。

(↑) 楽譜は、このバヂ・アサドさんの演奏を採譜したもののようだ。

|

« 未知の楽譜との遭遇!? | トップページ | ヨハン・ゼバスティアン・バッハをギターで・・・ »

コメント

はじめまして、MASAさん。
コメント、ありがとうございます。

"Emotiva No.1"はマルコ・ペレイラの「ヴァルサ・ブラジレイラ」にも収録されていましたね。忘れていました。
私もこのアルバムの楽譜集を持っていますが、どの曲も(私にとっては)難しいですね。

投稿: bicha | 2010年1月18日 (月) 21時17分

初めまして。MASAと申します。
昨年このBLOGを見つけ、たまに拝見させていただいています。

Emotiva No.1は以前からすごく好きな曲ですが、人前で演奏すると、音楽性がもろに出てしまいそうな曲なので、うかつには弾けません。
この曲はマルコ・ペレイラがワルツ集のCDで演奏していて、楽譜も出ていますね。
私はペレイラの編曲を使っています。

投稿: MASA | 2010年1月18日 (月) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "感情的な 第一番":

« 未知の楽譜との遭遇!? | トップページ | ヨハン・ゼバスティアン・バッハをギターで・・・ »