« ヴィラ=ロボス『12の練習曲』の楽譜 | トップページ | "IRIO DE PAULA"というギタリスト »

2009年12月 6日 (日)

こんなん見つけました~

2005年に出版(?)された『The Choro Fake Book - Second Edition -』でございます(↓)。

http://musicishealing.com/Bateria/Pagode/Library/ChoroFakebook.pdf

解説が英語で書かれています(タイトルもですが・・・)どこで出版(?)されたのでありましょうか。

・・・と考えていたら・・・"フェイクブック"でございました・・・。

メロディとコードネームが記された、いわゆるリードシートで、42曲も掲載されているのがうれしいじゃ、あ~りませんか。

曲によっては、デュエット・パートやオブリガート(対旋律・裏メロ)も記載されておりまして、嬉しい限りでございます。

ピシンギーニャ、ナザレー、ジャコー・・・などが作曲したショーロを代表する名曲が勢ぞろい。さらには、ヴィラ=ロボス『ショーロス 第一番』やジナタリ『ヘメシェンド』。そして、また、アリ・バホーゾ『ブラジルの水彩画』やジョビン『想いあふれて』、ルイス・ボンファ『カーニバルの朝』を収録するなど、編者のショーロ観が興味深いので、ありんす。

|

« ヴィラ=ロボス『12の練習曲』の楽譜 | トップページ | "IRIO DE PAULA"というギタリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなん見つけました~:

« ヴィラ=ロボス『12の練習曲』の楽譜 | トップページ | "IRIO DE PAULA"というギタリスト »