« ペレイラさんの楽譜 売ります | トップページ | Samambaia(サマンバイア)の楽譜 »

2009年12月15日 (火)

Godinに一目惚れ

ゴダンのニューモデル、"Multiac Grand Concert Duet Ambiance"を買っちゃいました。

だって一目惚れしたんだもん。カラーが"Light Burst"の愛いやつです。

このギターの特徴はいろいろあるんですが・・・。

まずは、特筆すべき弾きやすさでしょうか。長時間プレイしても疲れ知らずです。弦の張りが弱めに感じますし、指板が弱ラウンドということも関係しているのかもしれません。ネックは一般的なクラシックギターより薄いんですが、慣れればまったく問題ないと思います。ナット幅は一般的なクラシックギターとほぼ同じと考えていい思います。

生音が大きいのにもビックリしました。夜中の練習用にも使えると考えていたのですが、これでは隣近所の迷惑になりそうです(←そこまで音は大きくないやろ!←うちは安普請のマンション住まいなんですよ)

そして、最大の特徴はピックアップとマイクサウンドをブレンドできるオリジナルシステムにあります。ニューモデルではフィッシュマンを採用しているようですね。

FISHMAN といえば、いま話題のAura Acoustic Imaging Pedals です。これは素晴らしいサウンドを期待するしかないでしょう。

Godin Multiac Grand Concert Duet Ambiance

最大の特徴は総合ピックアップメーカーフィッシュマンとの共同研究でピックアップと4種類の任意のマイクサウンドをブレンドできるオリジナルシステムを開発。同時にそのシステムの能力が最大限にいかされるようボディ鳴りを追求した新たなファンブレーシングを採用。フィードバックに強いゴダンのダブルチェンバーボディと新開発のサウンドシステムの採用でソロ、アコースティック、ジャズだけでなくロックにもアグレッシブに対応する次世代のナイロン弦モデルが誕生しました。
Grand Concert の名前のごとく、やや大きめのボディにソリッドセダーのトップ、ネックは12 フレットでボディとジョイント、2”(5.08mm) のオーソドックスなクラシックギターのナット幅などの仕様を踏襲。通常のクラシックギターを弾くのと同じ感覚でプレイすることができます。
Duet Ambiance Specs:
・Mahogany neck
・Ebony Fingerboard
・24”(609.6mm) fingerboard radius
・25.59” (650mm) Scale
・2” (50.8mm) nut width
・Chambered Mahogany body
・Solid Cedar Top
・1/4”output
・Custom Fishman electronics, under-saddle transducer blendable sound imaging mic with 4 individual mic settings.

|

« ペレイラさんの楽譜 売ります | トップページ | Samambaia(サマンバイア)の楽譜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Godinに一目惚れ:

« ペレイラさんの楽譜 売ります | トップページ | Samambaia(サマンバイア)の楽譜 »