« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

ブラジル料理を召し上がれ!

FESTA BRASILEIRA フェスタ・ブラジレイラ

 日時 11月29日(日) PM 6:00~9:00
 会費 5,000円 (フリードリンク・フリーフーズ)
 会場 ライブ・レストラン&パブ アンサンブル
 盛岡市大通2-7-20 ウエダビル5F
 TEL 019-652-3323
 お問い合わせ マウリシオ 090-1705-2634

「ブラジルの食材を取り寄せました。私が腕によりをかけて作るブラジル料理をご堪能ください」(マウリシオ)

  TOMATE RECHEADO COM ARROZ / トマトの米詰め オーブン焼き
  COXINHA DE FRANGO COM CATUPIRY / 熟成チーズと若鶏のクロケット
  BOLINHO DE QUEIJO / モッツァレラのコロッケ
  BOLINHO DE BACALHAU / アブラボウズ(3年熟成)とメークインのコロッケ
 LINGUIÇA COM MANDIOCA FRITA / 焼きブラジルソーセージとタロイモのコンビネーション
 CUPIM AO VINAGRETE / クッピン(セブ牛のコブ)のロースト ヴィナグレッチソース
 CACHORRO QUENTE / ブラジル風 一口ホットドッグ
 SALADA DE PALMITO COM BRÓCOLIS / ヤシの芯芽とブロッコリーのサラダ
 FRANGO A PASSARINHO / ブラジル風 鳥の唐揚げ

※ブラジル音楽のライブもあります .......... a banda especial sem nome

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

バーデンの息子 - マルセルのニューアルバム

バーデン・パウエルの次男、マルセル・パウエルの新譜『Marcel Powell trio / Corda Com Bala』がHMVから届きました。

相変わらず自由奔放に弾きまくっています。フレーズが少々破綻しようがお構いなしです。

この人、きれいな音色を奏でることなんかに価値観を求めてないんだろうなぁ~。

アルバムの名義でもわかるように、今作はマルセルのギターにベースとドラムスを加えたトリオ編成。ソロギターは1曲のみ。

選曲は・・・ジョビンやレニーニ、ジルベルト・ジル、ジョアン・ボスコ、ジョイス、そして、もちろんバーデンのナンバー、マルセルのオリジナル・ナンバー、さらには、ジャズ・スタンダードまで・・・幅広いですね~。

しか~し、何を弾いても、マルセル節全開。とてつもない指力(ゆびぢから --- こんな言葉はないと思いますが、ふと脳裏に浮かんできました)を感じさせるヴィオロニスタであります。

 
 Marcel Powell trio / Corda Com Bala

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

Jobim Violao (ジョビン・ヴィオロン)

最近、HMVで購入したCDのタイトルがこれ。その名の通りジョビンの作品をヴィオロン(ギター)で弾いたアルバムです。

アルバムの主はArthur Nestrovski (アルトゥール・ネストロヴスキーと発音するのでしょうか?)。HPを眺めると、それなりに活躍されているヴィオロニスタのようですが、これまで名前を聞いたり、目にすることはありませんでした。・・・ブラジルはヴィオロニスタの宝庫ですね。

さて、この作品は2006年に録音され、翌年リリースされたアルバムの再発盤で、ジャケットを変更し(オリジナル盤と同様に地味ですが・・・)、今年になって発売されたものです。

肝心の中身ですが、ジャケット同様、地味すぎて面白味がないかもしれません。ちょっと聞いただけでは、「つまんな~い」・・・と感じるかもしれません。しかし、何度か聴いているうちに、「ギターの音色が心にしみるな~」・・・に変化していくことでしょう。噛めば噛むほど味が出るスルメのような、聴けば聴くほど味わいが増してくる作品なんです。

アレンジは正攻法。奇をてらったコードやリズムを用いているわけではありません。ジョビンの名曲の数々を丹精に、何のギミックもなしに、淡々とギター1本で歌い上げています。地味ですが、滋味あふれる逸品です。

収録曲は、「Luiza」「Se Todos Fossem Iguais A Voce」「Caminhos Cruzados」「Ligia」「Por Toda A Minha Vida」「Sem Voce」「Insensatez」「Sabia」「Retrato Em Branco E Preto」「Ana Luiza」「Cancao Do Amor De Mais」「Eu Sei Que Vou Te Amar 」他。


Arthur Nestrovsky/Jobim Violao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

"FESTA BRASILEIRA" in 盛岡

盛岡在住のブラジル人"MAURICIO"が主催する"FESTA BRASILEIRA"が今月29日に開催されます。フリードリンク・フリーフーズで会費は5,000円。マウリシオが腕をふるって作るブラジル料理をご堪能ください。ブラジル伝統のカクテル、カイピリーニャも絶品です。

-------------------------------------

FESTA BRASILEIRA

11月29日(日) PM 6:00~9:00
会費 5,000円 (フリードリンク・フリーフーズ)
会場 ライブ・レストラン&パブ アンサンブル
       盛岡市大通2-7-20 ウエダビル5F
   TEL 019-652-3323
お問い合わせ マウリシオ 090-1705-2634

-------------------------------------

もちろん、ブラジル音楽ライブもあります。

出演 HIRO (ボーカル)
    CHIBA (ギター)
    AIKAWA (パーカッション)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月11日 (水)

"Carlos"と"Acoustic Image"に惚れる

東京都内の某楽器店に立ち寄り、気になるエレガットを2本試奏させていただいた。

1本目は生音はそこそこ良いのだが、アンプを通したサウンドが酷すぎた。ピックアップ自体は良く知られた製品だが、ギターとの相性が悪いようだ。ピックアップのセッティングが上手くいっていない。

問題は2本目である。

ギター本体は10万円クラスの普及品だが、仕込んであるピックアップの価格がギターとほぼ同じなのである。常識的には、極めてバランスの悪い、無謀な組み合わせだ。

・・・しかし、弾いてビックリ・・・低音から高音まで、なめらかでバランスの良いサウンドだ。いわゆる、"ピエゾ臭さ"もまったく感じない。

そのピックアップは Carlos CP-1 High-End Carlos である。

また、楽器店で使用していたギターアンプは Acoustic Image CONTRA SERIES だった。

両者の組み合わせに惚れてしまった。


【アコースティックギター用ピックアップ】 Carlos CP-1 High-End Carlos


Acoustic Image CONTRA SERIES III アコースティック・アンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

AmazonになくてもHMVにあるかも

CDアルバムの購入先はAmazonが多いが、HMVも利用している。

なかなか買えなかったブラジル盤をHMVを通じて手に入れたことも幾度となくある。

ヴィオラ・カイピーラ奏者、フェルナンド・ソドレのアルバム『Fernando Sodre/Rio De Contrastes 』もHMVで購入したものだ。

弦楽器オタクのワタクシは、このジャケット(↓)に惹かれ、思わず[カートに入れる]をクリックしてしまいました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

14弦(7コース)のヴィオラ

ブラジルは弦楽器大国・・・です・・・よね~。

きょう届いたCDはFernando Sodré というヴィオラ・カイピーラ奏者のアルバム。

通常の10弦(5コース)のヴィオラに加えて、14弦(7コース)のヴィオラも弾くんですが、この楽器がすごいです。

何がすごいって・・・こちらをご覧ください(↓)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

ディアンスの新譜はピシンギーニャ集

Roland Dyens (ローラン・ディアンス) のニューアルバム『Naquele Tempo(ナケーリ・テンポ) をAmazonに注文した。

アルバムのサブタイトルは"MUSIC OF BRAZILIAN MASTER PIXINGUINHA"。

・・・そうです。「ブラジル音楽の父」と称されるピシンギーニャの作品集なのであります。

アンサンブルで演奏されることが多いピシンギーニャの古典的なショーロの名作をディアンス大先生がどのようにアレンジし、ソロギターで表現しているのでしょうか。

<収録曲>
1. Proezas de Solon
2. Desprezado
3. Rosa
4. Atencioso
5. Ingenuo
6. Gargalhada
7. Oscarina
8. Lamentos
9. Naquele Tempo
10. Carinhoso
11. Um a Zero

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »