« AmazonになくてもHMVにあるかも | トップページ | "FESTA BRASILEIRA" in 盛岡 »

2009年11月11日 (水)

"Carlos"と"Acoustic Image"に惚れる

東京都内の某楽器店に立ち寄り、気になるエレガットを2本試奏させていただいた。

1本目は生音はそこそこ良いのだが、アンプを通したサウンドが酷すぎた。ピックアップ自体は良く知られた製品だが、ギターとの相性が悪いようだ。ピックアップのセッティングが上手くいっていない。

問題は2本目である。

ギター本体は10万円クラスの普及品だが、仕込んであるピックアップの価格がギターとほぼ同じなのである。常識的には、極めてバランスの悪い、無謀な組み合わせだ。

・・・しかし、弾いてビックリ・・・低音から高音まで、なめらかでバランスの良いサウンドだ。いわゆる、"ピエゾ臭さ"もまったく感じない。

そのピックアップは Carlos CP-1 High-End Carlos である。

また、楽器店で使用していたギターアンプは Acoustic Image CONTRA SERIES だった。

両者の組み合わせに惚れてしまった。


【アコースティックギター用ピックアップ】 Carlos CP-1 High-End Carlos


Acoustic Image CONTRA SERIES III アコースティック・アンプ

|

« AmazonになくてもHMVにあるかも | トップページ | "FESTA BRASILEIRA" in 盛岡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Carlos"と"Acoustic Image"に惚れる:

« AmazonになくてもHMVにあるかも | トップページ | "FESTA BRASILEIRA" in 盛岡 »