« Libertango(リベルタンゴ)の楽譜 | トップページ | Sensível(Pixinguinha) »

2009年7月 9日 (木)

『ルーラ・ガルヴァォン/ボッサ・オブ・マイ・ランド』

ルーラ・ガルヴァォンの初リーダー作『ボッサ・オブ・マイ・ランド』を聴きました。

感想は・・・期待していた分、少々がっかり・・・でございます。

こう書いてしまうと印象が悪いんですが、けっして酷いアルバムじゃないんですよ。

佳作といってよいかもしれませんね。ただ、最近のワタクシの好みじゃないというだけのことでございます。

さて、アルバムのポルトガル語のタイトルは『Bossa da minha terra』

英語のタイトルと同じ意味ですね(当然といえば当然か)

昨年のボサノヴァ50周年を記念して企画された作品のようであります。

-------------------------------------------------------

アルバムはメネスカルの『リオ』で始まる。軽快なナンバーだ。爽やかなそよ風のようだ。

ピアノ(フェルナンド・モラエス)とベース(セルジオ・バローゾ)、ドラムス(ラファエル・バラータ)を従えて、ガルヴァォンのジャージーなアドリブが冴え渡る。

2曲目(ジョアン・ドナート『ミーニャ・サウダーヂ』)は、このカルテットにフリューゲルホーン(クラウディオ・ロディッティ)とアルトサックス(アイドリース・ブートリウア)が加わる。これまた爽やかなジャズ・ボッサ・ナンバーだ。

-------------------------------------------------------

・・・てな感じで、ジョビンやカルロス・リラ等のナンバーを素材にして、ジャズってます。

そうなんです。このアルバムのテイストはジャズなんです。それも良質の。

カフェやバーのBGMにいかがでしょうか。これを流せば、一気に室内の湿度が下がること請け合いです。

・・・微妙な表現ですが、要するにそういう作品なんです。(←どんな作品なんや!?)

ホーザ・パッソスも1曲(ジョビン『リジア』)参加しています(もちろんボーカルね)

懐かしい名前も見かけることができます。トロンボーンのラウル・ヂ・スーザです。フュージョン全盛期にはよく聴いていました。

ハーモニカのマウリシオ・アインホルンもいい味出してます。さすがです。

|

« Libertango(リベルタンゴ)の楽譜 | トップページ | Sensível(Pixinguinha) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ルーラ・ガルヴァォン/ボッサ・オブ・マイ・ランド』:

« Libertango(リベルタンゴ)の楽譜 | トップページ | Sensível(Pixinguinha) »