« 久しぶりに『ジャズライフ』を買う | トップページ | ハベーロさんの『鐘の音』 »

2009年7月19日 (日)

"Brazilian Songs for Solo Guitar"

本日、偶然見つけたサイト・・・いや、楽譜集です。

Mauro Henrique Pavanelli さんの校正(?・・・reviseを何て訳せば良いのだろう)・運指によるブラジル音楽のソロ・ギター楽譜集です。

Brazilian Songs for Solo Guitar Vol.1
http://www.geocities.com/mauro.samuel/brsong1.pdf

(↑)ヂレルマンド・ヘイス「もしも彼女が訪ねたら」「ひとつのワルツとふたつの愛」、ジョアン・ペルナンブーコ「鐘の響き」、エルネスト・ナザレー「オデオン」、作者不詳「Canto de Amor Cubano」の5曲が載っています。

Brazilian Songs for Solo Guitar Vol.2
http://www.geocities.com/mauro.samuel/brsong2.pdf

(↑)Garoto「Jorge do Fusa」、Canhoto「Abismo de Rosas」、Domingos Semenzato「Divagando」、Lina Pesce「Bem-te-vi atrevido」、Paulinho Nogueira「Bachianinha Nr.1」、A. Marino「Rapaziada do Braz」。

|

« 久しぶりに『ジャズライフ』を買う | トップページ | ハベーロさんの『鐘の音』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Brazilian Songs for Solo Guitar":

« 久しぶりに『ジャズライフ』を買う | トップページ | ハベーロさんの『鐘の音』 »