« 『ボサノヴァ・ギターの常套句』 | トップページ | Badi Assad »

2009年5月16日 (土)

Raphael Rabelloの6弦

またまたYouTube・・・。

Yamandú Costa(ヤマンドゥ・コスタ)がCaetano Veloso(カエターノ・ヴェローゾ)の『Sampa(サンパ)』をヴィオロン1本でやってるのが好きだ。

DVDには驚愕した。ライブも最高だった!

彼のほかに『サンパ』をやっているヴィオロニスタを探した。

今は亡きマエストロ、Raphael Rabello(ハファエル・ハベーロ)もやっていた。

ただただ・・・感動・・・。

弾いているヴィオロンは6弦だ。

|

« 『ボサノヴァ・ギターの常套句』 | トップページ | Badi Assad »

コメント

大熊猫さん、こんにちは。

ハファエル・ハベーロはあらゆる意味で最高のギタリストの一人だと思っています。

クラシックギターの楽譜で知られるGSP社からもCDをリリースしていますので、機会がありましたら、お聴きください。

投稿: bicha | 2009年5月17日 (日) 18時53分

凄いギタリストですね。私はクラシックギターなんですが、こんなの聞くと弾きたくなります。
ブラジル人作曲家の曲ではM・D・プホールやレイスの曲を弾いたことがありますが、テクニック満載泣かせ所満載の曲が多くて、とっても勉強になります。亡くなられているのは本当に残念ですね。合掌

投稿: 大熊猫 | 2009年5月17日 (日) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Raphael Rabelloの6弦:

« 『ボサノヴァ・ギターの常套句』 | トップページ | Badi Assad »