« Bebê - Hermeto Pascoal | トップページ | CHORONAS »

2009年4月14日 (火)

『18 CHOROS DE ARMANDO NEVES』


Paola Picherzky/18 Choros De Armando Neves

CDジャケットに惹かれて、購入してしまいました。

いや、嘘です。

・・・半分、ホントです。

2004年録音。美メロが印象的な『ショーロ第2番』で知られる作曲家、Armando Neves(アルマンド・ネヴィス)の作品18曲をヴィオロニスタ、Paola Picherzky(パオラ・ピシェルスキー・・・と読むんでしょうか?)が、瑞々しい音色で、清清しいギターソロを聞かせてくれるアルバムです。

ヴィオロンを抱えている写真が数枚載っていますので、Armando Neves(1902-1976)はヴィオロニスタだったんですね。

クラシック系の作曲家だと思っていたんですが、どうやらそうではないようですね。解説がポルトガル語なのでよくわかりませんが(苦笑)、カニョートやガロート、さらにはカルメン・ミランダなどの名前が出てきますので・・・、そうなんだと思います(苦笑)

|

« Bebê - Hermeto Pascoal | トップページ | CHORONAS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『18 CHOROS DE ARMANDO NEVES』:

« Bebê - Hermeto Pascoal | トップページ | CHORONAS »