« Waldir Azevedo(ヴァルヂール・アゼヴェード)の楽譜集 | トップページ | ハベーロさんに『インテロガンド』を学ぶ »

2009年3月28日 (土)

『ブラジリアン・ジャズ・ギター』

やたらと楽譜を買いまくっている今日この頃でございます。練習している時間よりも、ネットで楽譜を検索している時間の方が長いかもしれません。本末転倒です。

先ごろ、Amazonで購入したのが『Brazilian Jazz Guitar』(MELBAY)というタイトルの楽譜集。ジャズというタンゴ・・・じゃなくて・・・単語に惹かれて手に入れたのですが、そういう意味では期待はずれでした。

だって、ジャズの要素が全然ないんだもん。

ジャズというよりも、ボサノヴァですね。ボサノヴァの定番曲のリードシート(メロディーとコードが記された譜面)とギター独奏、ギター伴奏の譜面(タブ譜付き)が収録されています。アレンジはMike Christiansen & John Zardin。模範演奏を収めたCDも付属しています。ボサノヴァ・ギターを志す方にはオススメの本です。

収録曲は、「イパネマの娘」「想いあふれて」「デサフィナード」「フェリシダージ」「ワンノート・サンバ」「メディテーション」「コルコバード」「ハウ・インセンシティブ」「サマーサンバ」「ジェントル・レイン」「サビア」など。

ところで、「A Day in the Life of a Fool」・・・という曲をご存知でしょうか?

この本の1曲目に入っているんですが・・・。

正解は「カーニバルの朝(黒いオルフェ)」・・・です、どうしてこんな英語のタイトルになるんでしょうか?

|

« Waldir Azevedo(ヴァルヂール・アゼヴェード)の楽譜集 | トップページ | ハベーロさんに『インテロガンド』を学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラジリアン・ジャズ・ギター』:

« Waldir Azevedo(ヴァルヂール・アゼヴェード)の楽譜集 | トップページ | ハベーロさんに『インテロガンド』を学ぶ »