« きょうはJ.S.BACH | トップページ | ジョアン・バチスタの中古7弦 »

2008年9月29日 (月)

ジャケ買い

“ジャケ買い”はそろそろ死語になるんでしょうか?

楽曲のダウンロード販売が普及してきましたし、ネットで様々な情報が容易に入手できますからね。ジャケットの印象だけで、CDやLPを購入する人たちは減ってきているんでしょうね。

さてさて、“ジャケ買い”ではなく、ジャケットのせいで買いそびれそうになったCDの話です。

『Romero Lubambo & Raphael Rabello/Shades of Rio』(1993 Chesky Records)。6弦のホメロ・ルバンボと7弦のハファエル・ハベーロのギター・デュオ作品です。

AmazonでRaphael Rabelloを検索した際に見かけたのですが・・・。

ジャケットは・・・砂浜に座るビキニを身に付けた女性、しかも色調はセピア。おまけにタイトルがShades of Rioですよ! 私が嫌いな軟弱フュージョン系サウンドを想像してしまうのも無理はないでしょう?

しかし、曲目をチェックしてみると・・・けっこう渋いです。私好みです。

  1. Melancia
  2. Crab Peddler
  3. Partners
  4. Barbara's Theme
  5. Apanhei-Te Cavaquinho
  6. Lamentos
  7. Tristeze de Nos Dios
  8. Estudo #1
  9. Brasileirinho
  10. Brigas, Nunca Mais
  11. Modulando
  12. Na Baixa Do Sapateiro

・・・というわけで、早速注文したわけですが・・・、いやいや、なかなかブラジルしてます。丁々発止、火花散らして、すごいフレーズを連発・・・といった雰囲気とは真逆の世界(いや、やっぱりスゴイんですけど)。リラックスした雰囲気の中にも、ブラジリダーヂがあふれた佳作です。秋の夜長にワインでも傾けながら聴きたいアルバムです。・・・と書きながら、日本酒を飲んでいるのでございます。

|

« きょうはJ.S.BACH | トップページ | ジョアン・バチスタの中古7弦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャケ買い:

« きょうはJ.S.BACH | トップページ | ジョアン・バチスタの中古7弦 »