« João Bosco(ジョアン・ボスコ)に学ぶ | トップページ | フラメンコ・ギター基礎講座 »

2008年9月19日 (金)

マンドリンとギターのためのブラジル音楽集

 『マンドリンとギターのための ブラジル音楽集』(平倉信行&濱野高行 編曲/現代ギター社 発行)

 文字通り、マンドリンとギターのためのデュオ楽譜集です。マンドリンのパートはバンドリンに対応しているのは言わずもがなですが、その他の楽器にも応用が効きそうです。

 どんな曲が載っているかというと・・・、

  1. ブレジェイロ ←よく知られているナザレーの作品
  2. 郷愁のショーロ ←バリオス作曲のギターソロ曲です
  3. ショーロス第1番 ←ヴィラ=ロボス作曲のギターソロ曲です
  4. チコ・チコ・ノ・フバー ←ご存知、ティコ・ティコ(?)です
  5. 嵐のような口づけ ←ナザレーの曲ですが、個人的にはあまり好きじゃないんです
  6. ナケーリ・テンポ ←ピシンギーニャとラセルダの共作でショーロのスタンダード
  7. 郷愁 ←ショーロ初期のカラードの作品
  8. カリニョーゾ ←ブラジル人なら誰でも歌える(?)ピシンギーニャの作品
  9. カヴァキーニョ、お前を捕まえた ←こちらもナザレーの有名な作品

 ・・・の9曲です。ちょっと曲数が少ないような気がしないでもありませんが、マンドリン用のパート譜が添付されているのは、うれしい心遣いですね。ちなみにタブ譜はありません。コードネームは記されています。

 最近、この楽譜集のアレンジをもとにしたCDがリリースされました。「Caderno da Música Brasileira~ブラジル音楽帳~」(DCM)です。演奏しているのはバンドリンの寺前浩之さんとギターの平倉信行さん(楽譜集の編曲者です)。もちろん譜面どおりに弾いているわけではなく、アドリブ的なところもありますが、この楽譜集を眺めながらCDをじっくりと聴くのも良い勉強になるのではないかと思います。

 詳しくは平倉さんのサイト(↓)をご覧ください。

 http://web.mac.com/h_nobu/Hirakuras_Site/CD.html

|

« João Bosco(ジョアン・ボスコ)に学ぶ | トップページ | フラメンコ・ギター基礎講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンドリンとギターのためのブラジル音楽集:

« João Bosco(ジョアン・ボスコ)に学ぶ | トップページ | フラメンコ・ギター基礎講座 »