« きょうのエチュードは『デスヴァイラーダ』 | トップページ | 本日の練習メニュー »

2008年9月23日 (火)

“Diego Figueiredo”をご存知ですか?

YouTubeでGarotoのLamentos do Morroを検索していたら、こんなヴィオロニスタを見つけました(↓)。けっこうジャズよりのパフォーマンスですが、しっかりとクラシックギターを学んだ形跡もあります。まさにワタクシ好みでのヴィオロニスタでございます。

Diego Figueiredo (Lamentos do morro)

いかがでしたか?

HPを見てみましたが、かなり活躍している方なんですね。

http://www.diegofigueiredo.net/

|

« きょうのエチュードは『デスヴァイラーダ』 | トップページ | 本日の練習メニュー »

コメント

suzukiさん、すみません。

コメントを誤って削除してしまいましたので、こちらに転記させていただきます。

以下、suzukiさんのコメントです。

--------------------------------

かなり、活躍しているどころか、
アメリカ、ヨーロッパ、南米では、Jazz guitart, ボサノバ guitar,
クラッシックギターの神様みたいな、存在で、数々のの賞をとっています。
ブラジルでは、国民的な英雄です。
1920年代のDjango Leignhalt が、現在までの、全ての、Jazz Guitar のお手本ともいえる、神様でしたが、 それを、超える、今世紀最大の天才です。
2011年、
Just the two of us" | Diego Figueiredo & Cyrille Aimée
というアルバムが、前世界的に、数千万枚のヒットしました。
因に、Cylilie は、世界Jazz コンテストの ボーカル部門優勝者です。

http://www.youtube.com/watch?v=wOy1ldTHCyA

投稿: bicha | 2013年10月29日 (火) 10時14分

suzukiさん、こんにちは。
私のブログに情報をお寄せいただきまして、ありがとうございます。

投稿: bicha | 2013年10月29日 (火) 10時07分

2010年くらいの、 世界のJAZZ コンテストのチャンピオンです。
ブラジル人、3歳からギターを習い。 クラッシックは、全てマスター、勿論、ブラジル古典音楽は、なんでもひけます。JAZZ のあらゆるテクニックは、全てマスター、ボサノバ、サンバも、マスター。ほとんどが、アコースティックギターに、アンプが付いていて、しかも、ナイロン弦の、エレガットギターで、ひきますが、もちろん、エレキのJAZZ Guitar も、弾きます。
20世紀最大のジョージベンソンが、 ”私の今までの人生でであった、もっとも、優れた天才だ” とほめたたえています。
私は、古典的な、ブラジル音楽で、ブラジルでは、民謡のように有名な、
Choro (涙) という、ま〜、日本でいえば、演歌、みたいなジャンルがありますが、その中でも、ポプラーな、
Choro Chorado を、彼が弾いてるのが最高です。
http://www.youtube.com/watch?v=vl6UO72p3VA

投稿: suzuki | 2013年10月28日 (月) 22時32分

知ってます。
Choro Corado が、最高です。
http://www.youtube.com/watch?v=vl6UO72p3VA

投稿: | 2013年10月28日 (月) 22時23分

知ってます。
Choro Corado が、最高です。
http://www.youtube.com/watch?v=vl6UO72p3VA

投稿: suzuki | 2013年10月28日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “Diego Figueiredo”をご存知ですか?:

« きょうのエチュードは『デスヴァイラーダ』 | トップページ | 本日の練習メニュー »