« 現役最高の7弦ヴィオロニスタ | トップページ | 追悼 ドリヴァル・カイミ »

2008年8月26日 (火)

日本ブラジル交流年

1908年4月28日、第一回日本人移住者781名(この他に自由渡航者10名)を乗せた笠戸丸(かさとまる)が神戸港を出航し、約2カ月の航海の後、6月18日にブラジル・サントス港に入港し、日本人のブラジル移住が始まりました。

今年は日本人ブラジル移住100周年にあたる2008年という記念すべき年。

というわけで、今年は日本ブラジル交流年なのであります。

ちなみに、笠戸丸から始まったブラジル移住者の子孫は、150万人に上るとも言われているそうです。

ブラジルといえば・・・。

今年はボサノヴァ生誕50周年でもあります。

偉大なるサンビスタ、カルトーラの生誕100周年でもあります。

ついでに、私も50歳・・・。

なにはともあれ、ブラジル音楽愛好家にとってはうれしい一年になりそうです。

って、もう8月も末なんですけど・・・。

|

« 現役最高の7弦ヴィオロニスタ | トップページ | 追悼 ドリヴァル・カイミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ブラジル交流年:

« 現役最高の7弦ヴィオロニスタ | トップページ | 追悼 ドリヴァル・カイミ »