« ヴィラ=ロボス『エチュード第10番』 | トップページ | ヴィラ=ロボスのエチュードを終える »

2006年6月15日 (木)

三年目の浮気・・・じゃなくて

クラシックギターのレッスンを受け始めてから3年がたった。

現在はヴィラ=ロボスのエチュードの第11番を終えたところだ。“終えた”とはいっても、まったく弾けていないのだが・・・(トホホ)。とりあえず次回からは第12番ということになった。

レッスンとは別に、最近、練習している曲は、Luiz Bonfaの「Passeio no Rio」とLaurindo Almeidaの「Escadoo」の2曲。

前者は「リオの散歩道」という邦題も定着し、Carlos Barbosa-Limaのアレンジでソロギターの定番となりつつあるようだ。クラシック系ギタリストが数多くレコーディングしている。

後者はジャージーな雰囲気が色濃いボサ調のナンバー。私はベースとパーカッションが加わったバジ・アサドの演奏しか聞いたことがないが、他に誰かレコーディングしているのだろうか?

 

|

« ヴィラ=ロボス『エチュード第10番』 | トップページ | ヴィラ=ロボスのエチュードを終える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三年目の浮気・・・じゃなくて:

« ヴィラ=ロボス『エチュード第10番』 | トップページ | ヴィラ=ロボスのエチュードを終える »