« ヴィラ=ロボスのエチュードを始める | トップページ | ヴィラ=ロボス『エチュード第2番』 »

2005年2月 8日 (火)

ヴィラ=ロボスのエチュード第1番は効果覿面(てきめん)

 ヴィラ=ロボスのエチュード第1番を練習メニューに取り入れてから、右手の動きが格段に良くなってきたようだ。効果覿面である。

 数日前からヂレルマンド・ヘイス(Dilermando Reis)のノイチ・ヂ・ルア(Noite de Lua)に取り組んでいる。Amのヴァルサ(Valsa=ワルツ)である。ベタなマイナーのヴァルサなのだが、こんなナンバーが大好き。

 参考にした演奏は、パウロ・ベリナチ(Paulo Bellinati)のアルバム「Serenata "Choros & Waltzes of Brazil"」だ

 作曲者(ヂレルマンド・ヘイス)の演奏を聴いてみたいのだが、CDが入手できない。

|

« ヴィラ=ロボスのエチュードを始める | トップページ | ヴィラ=ロボス『エチュード第2番』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィラ=ロボスのエチュード第1番は効果覿面(てきめん):

« ヴィラ=ロボスのエチュードを始める | トップページ | ヴィラ=ロボス『エチュード第2番』 »