« 悲しみのサンバ | トップページ | 今年はカヴァコも弾こうかな »

2005年1月 4日 (火)

ショーロ第2番

 正月三が日はアルマンド・ネーヴィス作曲「ショーロ第2番」に取り組む。だいぶ前にギター独奏用の楽譜をネットで見つけてダウンロードしていたのだが、プリントアウトして、引き出しにしまったままになっていた。

 実際の演奏はまったく聞いたことがなかったのだが、昨年末に購入したCD「エンリッキ・カゼス&ファミリア・ヴィオローン/ショーロがショーロだった時から」に収録されていたのだ。6弦をDにドロップしてチューニングするなど、私が入手した譜面とは異なるところもあるのだが、全体的な構成は同じだ。ゆったりとしたテンポのショーロ・カンソーンである。

 作曲したアルマンド・ネーヴィスはCDの解説によると、クラシック音楽家ということである。

|

« 悲しみのサンバ | トップページ | 今年はカヴァコも弾こうかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショーロ第2番:

« 悲しみのサンバ | トップページ | 今年はカヴァコも弾こうかな »